すてまわり

素盞雄神社 -桜井市初瀬-

素盞雄神社 -桜井市初瀬-

素盞雄神社 -桜井市初瀬-
素盞雄神社
すさのおじんじゃ
-桜井市初瀬- (2018-10)

 式内社を合祀された(後述)ってことで、式内社タグ付けてます。

 長谷寺至近の神社なんですが、参道より向こうになっちゃうので分かって行かなきゃスルーしちゃうかも。
 しかし、歴史もあるし大銀杏もあるしで雰囲気良く、好きな人なら是非参拝をってオススメします。
 自分の大イチョウの写真、季節的に緑々なんでイチョウ感少ないですけどねw フツーにデカいってとこ見てくださいませ。

 948年、與喜山に菅公さんの霊を祀り與喜天満宮を創建した際に、「與喜山は天照大御神降臨の山じゃん。だったら弟神の素盞雄命の霊も鎮めなきゃなくね」と社殿を構えられたのが始まりだといわれています。
 その後、地元では厄病除けの「ごってらさん(=本地佛牛頭天王の訛り)」との呼称で親しまれたそう。
 1908年、式内社であった鍋倉神社を合祀。
 御祭神は、素盞雄命・大倉比賣命。

 由緒書きには丁寧にも末社の事が記されています。
 それによると1868年に長谷寺境内の十二社明神を遷し、鍋倉神社合祀の際にその末社であった秋葉明神を合祀されたそうです。なので今は秋葉神社。

 狛犬はお尻を突き上げた背中スライダースタイル。
 近年の修復があったのか本殿は煌びやか。これが俗っぽくもなく素朴な風景の中の艶やかさって感じでいいんですよ。
 大イチョウもできれば紅葉の季節に来たかったですね。
 意外と言えば怒られそうですが、お参りできて良かった神社の一社です。後の予定が無ければビール2缶いけます。

素盞雄神社 -桜井市初瀬-
鳥居 (2018-10)

素盞雄神社 -桜井市初瀬-
拝殿 (2018-10)

素盞雄神社 -桜井市初瀬- 素盞雄神社 -桜井市初瀬-
狛犬 (2018-10)

素盞雄神社 -桜井市初瀬-
本殿 (2018-10)

素盞雄神社 -桜井市初瀬-
秋葉神社 (2018-10)

素盞雄神社 -桜井市初瀬-
十三重石塔 (2018-10)

素盞雄神社 -桜井市初瀬-
大イチョウ(県指定天然記念物) (2018-10)

素盞雄神社 -桜井市初瀬-
由緒書 (2018-10)





近鉄大阪線「長谷寺駅」から約1.3km。
桜井市コミュニティバス「長谷寺参道口」から約1.0km。

Comments 0

Leave a reply

QR