すてまわり

釣鐘屋敷跡 -大阪市中央区釣鐘町-

釣鐘屋敷跡 -大阪市中央区釣鐘町-

釣鐘屋敷跡 -大阪市中央区釣鐘町-
釣鐘屋敷跡
つりがねやしきあと
-大阪市中央区釣鐘町- (2019-02)

 なんか史跡っぽいぞ、で行くと、とりあえずアーティスティックな外観で一瞬引きます。
 中身は鐘。
 どの部分かはわからないけど、大阪府有形文化財。
 ちなみに地名の釣鐘町もここから付いております。

 1634年、徳川家光が大坂城へ来た時、地子銀を永久免除としたことにヒャッホイして作られた釣鐘だそうです。
 1660年・1706年・1724年・1837年、焼失。
 しぶとく生き残るも、1870年に「時の鐘」自体が廃止。
 以降、転々とし、1926年には大阪府庁屋上へ。
 1985年、有志の手により、元の釣鐘屋敷跡に里帰りとなりました。

 とりあえず、自分は歴史好きなので保存・復元に関する方々には敬意を払います。
 見所をありがとうございます。

 そして現在、鐘はコンピュータ制御で8時・12時・日没の3回突かれます。
 これがなかなかシュール。
 ガチなビジネス街とは少し離れてるかなと思いつつも、あまり生活感のない地域。
 そんな場所でも、きっちり鐘の音がします。ゴーン。
 思ったりより回数鳴ります。ゴーン。
 そこそこ違和感がw

 と、ちょけて書きましたが、現場にもパンフレットが用意され、やっぱりちゃんと行動される方々は凄いなぁと感じました。
 重ね重ねありがとうございます。
 石碑一本・駒札一枚でも歴史好きには嬉しいんだよねぇ。

釣鐘屋敷跡 -大阪市中央区釣鐘町-
外観 (2019-02)

釣鐘屋敷跡 -大阪市中央区釣鐘町-
鐘 (2019-02)

釣鐘屋敷跡 -大阪市中央区釣鐘町-
釣鐘屋敷跡の説明板 (2019-02)

釣鐘屋敷跡 -大阪市中央区釣鐘町-
大坂町中時鐘の解説板 (2019-02)





地下鉄谷町線「天満橋駅」から約400m。
京阪本線・中之島線「天満橋駅」から約500m。
京阪本線「北浜駅」から約700m。
地下鉄堺筋線「北浜駅」から約900m。

Comments 1

たけちゃん  

見学してきました。
外観は現代的ですが、中は鐘です。
きれいな鐘でした。
音が聞けなかったのが残念です。
最後の日の入りって、結構遅くに鳴るのですね。

2019/09/03 (Tue) 00:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

QR