すてまわり

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り
久々の旅程記事。
生きてるだけで死にそうな今年の暑さなんで暫くはどこも行かないつもりが、母上様よりお誘いがありました。
目的地は、山中温泉。3度目の湯快リゾート。
なんだか割引きがあったようで、行く気になったみたいです。

 老い先短いお母に付き合うとの建前で、神社があるならどこ行ってもお得という親孝行なお話。

 暑いんで行動をセーブしようと心に誓い新大阪発送迎バス。
 渋滞で激遅れ到着の京都駅を挟んで、トイレ休憩は賤ヶ岳SAでした。
 ふふふ。事前に調査して恐らくココだと踏んでたんだよ。
 休憩時間が15分だったら走ろう、実際17分あったんで行きました。
 スグ隣の意波閇神社へ。
 セーブすると決めながら早速走ってるんですけどね。シンプル構成だったので意外と時間余裕だったし。
 今回のバスは全般的に休憩や立ち寄り所で数分多めに貰えた感じでした。

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 まず1勝できて気分はいいながらも、車窓から見える一生行かなさそうな神社たちにストレスを感じつつ、お宿に到着。
 結局、5時間くらいかかってました。
 暫し休憩の後、観光へ。
 これまでの湯村温泉あわら温泉と同じく高い場所にあるホテルだったので「うへぇ」なんですけど、最初の目的地は同じ高さのライン。
 速攻で汗だくになりつつの白山神社(白山町)。
 今回、白山神社がよく出てきます。尼崎のスサノオ社レベル。
 で、こちらは御朱印がいただけるのですが、あいにく御不在。まぁ、明日もあるんで。

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 やっぱり同じ高さでありがたい医王寺。
 お寺はやっぱり具沢山ですねぇ。
 なにかとあるのですが、山門横の狛猪な祠がなんか凝ってて違和感ハンパないw
 しかも、愛宕地蔵さんだというw

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 この後、ひとつ小さな神社を諦めたとだけ言っておいて、階段を下り、温泉街中心部へと向かいます。
 今、これだけ下ったってことは帰りはこれだけ上るのね、と絶望しつつ。
 んで中心街。小奇麗な街です。
 しけているからの風情みたいなのは楽しめませんけど、とってつけたような悪ノリもなく、爽やかな温泉街ですね。
 外湯の前のお地蔵さんのところで飲泉できます。が、熱々ですw
 すぐ近くの足湯のとこの方がほどよい熱さで飲みやすいです。
 超不味かったですけど。

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 片岡鶴太郎工藝館なるものもあります。
 自分はコンビニで買った缶ビール片手。お母だけ入ってました。聞いた感想は自重。

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 そんで長谷部神社。
 ちょっと変わった配置でちょっと神秘的。
 神馬もどこにでもある区別がつかないあのカタチではなく、どことなく天馬感。
 そして、こちらの神社は先程の白山神社の兼務社であり、そちらで御朱印がいただけることを知ります。

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 2日あっても行くところがないのがわかってるので、少し足を延ばして道の駅まで行きました。
 電車が飾られてました。
 昔は鉄道が走ってたんですね。
 車の無い旅行者にとっては、鉄道が無くなって行くのが辛いです。

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 そして、山中温泉の観光のメインとも言える渓谷へ。
 遊歩道南端のこおろぎ橋を渡り。。。

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 。。。お母を置いて自分は神社へw
 また白山神社(下谷町)だったりします。

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 渓谷沿いは遊歩道が整備されています。
 ただ結構アップダウンあるので、足腰ダメな方は諦めた方がいいかもしれませんね。
 まぁ、安心してください。橋の上からでも見ればいいような、そんなにな場所です。

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 遊歩道中間地点のあやとり橋が見えてきました。
 正直、渓谷はイマイチだったので、この自然に反した人工物がとても良い感じに見えます。
 つか、意外とマッチしてんですよね。
 これを建てた人、正解だったと思います。ここが山中温泉観光の目玉。
 自分は高い所恐いので、意味不明の中腰で震えながら渡ったんですけど。

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 明日もあるので、渓谷はここまでにしてホテルに戻ります。
 がその前にスーパー。
 うちら母子は旅行先でスーパーを楽しみます。
 石川県ということで念願だったフグの卵巣の糠漬けを購入。
 毒が消える理由が解明されていないというオーパーツ的な食品です。
 お酒好きなんで珍味系楽しみ。
 感想書きます。
 しょっぱい。ただただしょっぱいだけ。
 臭いは発酵食品らしく具体的な表現したくない感じのアレなんですけど、その臭さから想像する味わいがない。
 これなら焼きたらこか明太子がいい。そんな比較が発酵食品じゃないことでお察し。
 知らなかったお母が土産にいいかなと企んでたようですが、味見できて良かったわと感謝されましたw
 ベンダーにもよるのかな?

 なんて楽しさもある宿の夜でした。
 泊まったのは山中グランドホテル。
 湯快らしく、年季を感じさせるホテルです。
 以前、トイレの鍵が輪っかに引っ掛けるタイプだったのに懐かしさのあまり泣きましたけど、今回は、トイレの壁に灰皿が埋め込まれてるのを見て泣きましたw
 昔はどこもかしこも灰皿があったんですよ。電車の手すりにもあったんですよ。
 エアコンがリモコンじゃなく、壁に強中弱のボタンが付いてるってのもステキでした。
 湯快と言えばの「無駄に広い部屋」では今回なかったので、ちゃんと冷えたから言えるのかもしれませんけど。

 バイキングは、まぁ値段が値段ですから。
 さして美味しいものは無く、かと言って切れるほど不味いものも無いです。
 今回のトップ賞はフェアの一品らしいカニ汁。エキス使ってるかどうかは別として、まぁまぁいい感じ。
 でも、ホントの一番はソフトクリームなんですけどねw これ意外と美味しいです。

 良くも悪くも湯快は湯快ってことで翌日。
 当然、5時前に置きます。
 恒例の早朝単独神社巡りがあるんで。
 仕事みたいなもんです。お母に呆れられながらスタート。

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 当初の予定では三社。でも時間余裕っぽいので二社追加。
 往復5km強の朝の散歩。奥から行きます。
 早朝でも北陸でも山あいでも、暑いもんは暑い。
 途中で日の出がありました。
 夏なんで十分明るかったんですけど、やっぱり太陽は凄いですね。明るいです。
 つか、暑い!
 すげーよ太陽。めちゃくちゃ暑いわ。そりゃ農作物も育つわ。
 遠いとこから熱をサンクスだわ。

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 涙も出ないほど汗をかきつつ稲荷神社
 地図見てわかってましたよ。ハイ、階段ですね。
 地域愛の詰まったようなシンプルな神社。
 こんな時、たまに思います。
 自分の趣味は変わってるな、と。

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 引き返すカタチで、またまた白山神社(長谷田町)
 自分の好きな山裾ちょい高いトコ本殿神社。

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 末社に愛宕社もあるんだ。
 ん。ああ。。。登れってか。
 大した距離じゃなかったけど不安になるのでストレスがあるんですよ。
 変な趣味のせーで。

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 次。
 またまたまた白山神社(上原町)。
 宝物庫みたいな社殿でした。

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 往路で坂の上と分かってたんで、それほどダメージなく日置神社。太陽まぶしい。
 式内社だそうです。
 なんかニュータウンっぽいところの端っこ。
 山中温泉てそんなに田舎じゃないですよね。

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 またまたまたまた白山神社(塚谷町)。
 多いなぁ。
 この辺りで、どの神社も雰囲気良くてステキとも思いました。

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 早朝神社終了で坂を登る前に、桂清水の桂地蔵尊。
 説明書きもないし、暑くても水を飲む気にはなりません。

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 ホテルに戻って朝食バイキング。
 朝をちゃんと食べれる人。湯快だと洋より和を選んだ方がいいと思いますよ。
 クロワッサンはともかく、洋食はどれも味ないw
 和食はご飯がぬるいけど、色々アテがあっていいかと思います。

 変な趣味のせーで、人が置きだす時間には汗だくなってたんで、お風呂。
 特に行くところもないので、部屋に戻ってゆっくりするつもりが。。。うちのお母は大阪人らしくせっかちなんですよ。
 時間がたつと暑くなるし、やることないから出るという。
 もう廻るとこもないし、あまり早いとお店も開いてないと言っても無駄w
 スポンサーだし仕方ないよね。
 でも親なんで甘えられるから、なんだかんだで実は1時間くらいはねばってたとお母はきづいていまいw

 出発。
 時間を稼ぎたかったのは前日御不在だった白山神社で御朱印をいただきたかったから。あんまり早い時間だとね。
 結果、無事いただけました。
 長谷部神社のもお願いし、一応、他にもありますかと聞くともう一社あるってことなんで、それもいただく。後述。

 目的も果たせたので、渓谷へ。
 今日は遊歩道南端の黒谷橋から。

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 芭蕉堂があって、そいや芭蕉押しだったなこことか思いつつも、またも自分は神社へ。
 お母には遊歩道を進んでおくように言っておきます。
 それが東山神社。
 先程の御朱印の三社目で、「山の上なんですよ」と言われ、「今日、お参りできるかどうかわかりませんけどいただけますか」で快く御朱印をいただいた神社です。
 名前憶えてなかっただけで、当初からの予定でした。よかった。
 ホテルの高さラインから中心部に降りて、更に渓谷のラインまで降りて、そこからホテルの高さラインまで上り下りしたみたいなもんでしたけどね。
 お風呂入った意味がすぐさま無くなったわ。

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 せっかちなお母が待ってるはずもなく、結局、あやとり橋まで単独行(人気が無くて怖かったらしい。自然美好きなクセにw)。
 でも実際、そんなにキレイな感じでもないんですよね。
 ジャンル外な自分も少々期待してたんですけど、やっぱプロの写真家は凄いってのが感想w
 季節にもよるでしょうが。

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 あやとり橋。ちょっとねじれがわかりやすいかなって写真載せときます。
 前日恐怖した自分は、橋を渡らずに川を渡って行きましたけどね。

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 さて、これで行くところが無くなりました。
 酒屋さん数件廻って、またスーパー。
 前日買おうと思ってた品が無くなってるのと前日のみの特売だったりしたことで嘆くお母。
 見切り品のうどんとか買ってましたw 暴挙w
 ホントいつも旅行に行ってきた後の荷物じゃないことが多いなぁ。やたら野菜持ってたり。

 時間あり余りでホテルのロビーにてバス待ち。
 悩んだ末、決行。
 前日、諦めたって神社ね。
 だって入口これだったから。

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 菅原神社らしいけど、わかんない。
 苦労して辿り着いて、その手前で心折れたし。
 詳しくは個別記事で書きます。
 色んな蟲さんが自分に触れたんだろなぁ。。。

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 そんなトコまで行ったのは、今回の旅行がわりと思い通りに進んだから。
 帰りのバスに乗り、事前からわかってたバーター店、月うさぎの里。
 バスを降りて反対方向へ進むいつもの自分。
 皆さん、兎に触れたり買い物してる頃、自分はこんな場所。

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 またまたまたまたまた白山神社(永井町)。
 男の方がおられたので元気に挨拶。変な趣味なんで、これ大事。

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 月うさぎの里は、うさぎのテーマパーク。
 バーター店としては、わりと濃い目のコンセプトを押し出していました。
 御土産もないわけじゃないけど、うさぎグッズが多いこと多いことw
 敷地内、生のうさぎもおられますが、夏だしね、皆ぐたってましたw

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 で、自分が一応廻ったのは。。。やっぱりありました。
 月うさぎ神社、ちょけ系w
 見た目も仏系で中身も菩薩さんだそうですけど神社w

旅程 加賀温泉郷山中温泉の辺り

 この後、事前情報になかったバーター店もう1軒あって、そこは近くに神社なかったけど、福井市のマンホール撮れました。満足。
 お母曰く「あんたはどこ行っても値打ちやな」
 ありがとうママン。でも観光は普段から興味を増やしたり知識をつけたりな努力も必要なんやで。

 そんな感じの旅行でした。
 山中温泉は温泉地ということで観光面ではイマイチなんですけど、フツー骨休めに行くでしょうから問題ないですね。
 なんで、自分的には思ってたよりも行きたいところに行けた旅行と言うことで満足度が高かったです。
 なかなか良かったぜ、山中温泉。リピートはしないけどなw

Comments - 0

Leave a reply

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。