すてまわり

天神社(休天神社・明石天満宮) -明石市大蔵天神町-

天神社(休天神社・明石天満宮) -明石市大蔵天神町-

天神社(休天神社・明石天満宮) -明石市大蔵天神町-
天神社(休天神社・明石天満宮)
てんじんじゃ(きゅうてんじんじゃ やすみてんじんじゃ・あかしてんまんぐう)
-明石市大蔵天神町- (2018-05)

 地図に明石天満宮って出てくるので勝手に大きな神社かと想像してました。
 実際はそこそこ広いんですけどシンプル系な神社でした。
 現在は無人のようで、すぐ近くの稲爪神社が兼務されているようです(多分)。

 菅原道真が大宰府への左遷の折り、明石の駅長に出迎えられ傍の石に休息したといいます。
 903年、菅公さんが亡くなられると駅長さんは、石の傍に祠を建てお祀りしたそう。それが始まり。
 1679年、明石城主松平日向守信之により、神社として建立され現在に至ります。
 御祭神は、菅原道真公。

 駅長は「うまおさ」と読み、駅家(うまや)の人のこと。
 脳内で「えきちょう」と読んで、JRや山陽電車が頭に浮かんでましたが、そりゃそうです。
 こちらの神社が明石の駅家とされ菅公駐駕驛長宅址の石碑も建ちますが、諸説あるそうで別地に菅公旅次遺跡の石碑も建つそうです(未踏)。

 肝心の腰掛石は、本殿横、柵の向こうで入れない部分に置かれています。
 近くで見れないのがちょっと残念ですね。
 経験上、近くで見れてもそんなに見ないのは、わかってますけどw

天神社(休天神社・明石天満宮) -明石市大蔵天神町-
鳥居 (2018-05)

天神社(休天神社・明石天満宮) -明石市大蔵天神町-
拝殿 (2018-05)

天神社(休天神社・明石天満宮) -明石市大蔵天神町- 天神社(休天神社・明石天満宮) -明石市大蔵天神町-
狛犬 (2018-05)

天神社(休天神社・明石天満宮) -明石市大蔵天神町-
本殿 (2018-05)

天神社(休天神社・明石天満宮) -明石市大蔵天神町-
末社 (2018-05)

天神社(休天神社・明石天満宮) -明石市大蔵天神町-
菅公踞石(腰掛石) (2018-05)

天神社(休天神社・明石天満宮) -明石市大蔵天神町-
隠れ狛犬 (2018-05)

天神社(休天神社・明石天満宮) -明石市大蔵天神町-
撫で牛 (2018-05)

天神社(休天神社・明石天満宮) -明石市大蔵天神町-
東側の鳥居(裏側) (2018-05)





山陽電鉄本線「人丸前駅」から約200m。
山陽電鉄本線「大蔵谷駅」から約500m。
山陽電鉄本線「山陽明石駅」・JR山陽本線「明石駅」から約1.0km。

Comments 1

-  
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2019/11/17 (Sun) 17:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

QR