すてまわり

白龍神社 -明石市東仲ノ町-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

白龍神社 -明石市東仲ノ町-

白龍神社 -明石市東仲ノ町-
白龍神社
はくりゅうじんじゃ
-明石市東仲ノ町- (2018-05)

 マンションの影に隠れるような小さなお社。
 でも駒札付き。

 1618年、明石城築城の際、石垣が崩れるなどして工事がうまく進みませんでした。
 そこで城の辰巳の方角に地神として白龍大明神をお祀りしたところ、無事に完成させることができました。
 そのことから同じ方角のこの地に造営されたのが始まり。
 かつては明石藩の講武所として使用されるほど広い社地があったようですが、1888年の山陽鉄道(現JR)の開通で削られ、1928年の宇治川電軌鉄道(現山陽電鉄)が通ることになり、御神体は明石神社に合祀されています。
 ですが、2003年になって現在地に戻られております。
 御祭神は、白龍大明神。

 パッと見、マンションの企業内神社でしたけど、きっちりとした謂れがあったんですね。
 消えていく神社もある中、お戻りになられてるのもいい感じです。

 しかし、明石には小さなお社が多いですね。
 こちらのように地図に載っていると廻りやすいんですけど、必ずしもそうではないようで。。。今後また楽しみです。

白龍神社 -明石市東仲ノ町-
お社 (2018-05)

白龍神社 -明石市東仲ノ町-
由緒書 (2018-05)





山陽電鉄本線「人丸前駅」から約400m。
山陽電鉄本線「山陽明石駅」・JR山陽本線「明石駅」から約500m。

  • Comment:0
  • にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事

Comments - 0

Leave a reply

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。