すてまわり

大阪市水道発祥之地 -大阪市都島区中野町-

大阪市水道発祥之地 -大阪市都島区中野町-

大阪市水道発祥之地 -大阪市都島区中野町-
大阪市水道発祥之地
おおさかしすいどうはっしょうのち
-大阪市都島区中野町- (2018-02)

 大川沿いに続く毛馬桜之宮公園、その都島橋東詰南側にあるんですけど、都島通から公園に降りるのに南北どちらも微妙に歩かされるのが癪に障ります。
 石碑一基モノ。
 裏側に大阪市水道創設施設の概要というものが刻まれていますが、解説板の類はみつかりません。

 かつて大阪の飲料水は、川か井戸を利用していました。
 しかし、それはコレラや赤痢などの伝染病の原因ともなっており、市は年間予算の3倍強の経費と3年の年月をかけ、桜の宮水源地を建設しました。
 1895年、大坂市に初めて上水道が送水されたのが、この地です。
 その後、1915年に柴島水源地(柴島浄水場)が完成したことにより休止→廃止となっております。

 大阪は云々ではなく、だいたいの地域で蛇口ひねると飲めるキレイな水の出てくる日本っていいなぁってのを子供の頃から定期的に思います。
 昔は駅に水飲み場とかもあったしねぇ。

大阪市水道発祥之地 -大阪市都島区中野町-
石碑 (2018-02)

大阪市水道発祥之地 -大阪市都島区中野町-
大阪市水道創設施設の概要 (2018-02)





JR大阪環状線「桜ノ宮駅」から約500m。
地下鉄谷町線「都島駅」から約700m。
地下鉄谷町線・堺筋線・阪急千里線「天神橋筋六丁目駅」から約900m。

Comments 1

たけちゃん  

見学してきました。
解説板は石碑の左の方にあります。
その前に煉瓦造りの桝があり、
当時の取水施設の一部とのことです。

2019/10/26 (Sat) 15:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

QR