すてまわり

生島神社 -尼崎市栗山町-

生島神社 -尼崎市栗山町-

生島神社 -尼崎市栗山町-
生島神社
いくしまじんじゃ
-尼崎市栗山町- (2017-11)

 尼崎の尼崎の祖神(おやがみ)と称するだけあって、歴史深い立派な神社です。

 仁徳天皇の御代の創祀と伝わります。
 大阪の生国魂神社の元宮との伝承もあり、こちらでは信じられているそう。
 元は生島明神・生島辨財天と称し、明治維新後、生島宮寺を廃して現社名となっております。
 1914年、上ノ島須佐男神社と大西熊野神社、1915年、三反田八幡神社を合祀。
 御祭神は、生島神・足島神・天照大神・須佐男大神・八幡大神・伊邪那岐神・伊佐那美神。

 同じ尼崎市の貴布禰神社は尼崎の総氏神と称しますが、こちらは祖神。
 祖神と総氏神はどちらが「強い」のかなんて頭の悪いことも考えましたけど、文字通りの意味ですね。
 仁徳天皇の時代から鎮座される古社。まさに祖神です。
 元は宮寺だった生島弁財天も889年の創建だそう。

 社殿は1976年の新築で、阪神淡路大震災の被害もあって、それぞれがめちゃくちゃ古いなってことはないんですけど、大昔からず~っとそういったことを繰り返しながら現在も神社が続いていると思うと背中にゾクゾクくるものがあります。
 古墳なんかだと潰れりゃENDですが、神社は人の意志があれば続いていきますね。

 あと、境内隅っこの末社交通神社。
 最近は、こういうストレートなのも好きです。
 ○○神は何の神様とかフツーの人はよく知らないでしょうし、わかりやすくていいです(但し神社に限る)。

生島神社 -尼崎市栗山町-
一の鳥居 (2017-11)

生島神社 -尼崎市栗山町-
二の鳥居 (2017-11)

生島神社 -尼崎市栗山町-
拝殿 (2017-11)

生島神社 -尼崎市栗山町- 生島神社 -尼崎市栗山町-
狛犬 (2017-11)

生島神社 -尼崎市栗山町-
本殿 (2017-11)

生島神社 -尼崎市栗山町-
生島弁財天 (2017-11)

生島神社 -尼崎市栗山町- 生島神社 -尼崎市栗山町-
生島弁財天の狛犬 (2017-11)

生島神社 -尼崎市栗山町-
生島稲荷社の鳥居 (2017-11)

生島神社 -尼崎市栗山町- 生島神社 -尼崎市栗山町-
お狐さん (2017-11)

生島神社 -尼崎市栗山町-
生島稲荷社 (2017-11)

生島神社 -尼崎市栗山町-
大師堂 (2017-11)

生島神社 -尼崎市栗山町-
水子地蔵尊 (2017-11)

生島神社 -尼崎市栗山町-
延命地蔵尊・一願地蔵尊 (2017-11)

生島神社 -尼崎市栗山町-
交通神社 (2017-11)

生島神社 -尼崎市栗山町-
生島社の解説板 (2017-11)

生島神社 -尼崎市栗山町-
由緒書 (2017-11)

生島神社 -尼崎市栗山町-
御朱印



公式 - 生島神社



JR東海道本線「立花駅」から約1.2km。
阪神バス「立花支所」から約200m。

Comments 1

たけちゃん  

記事拝見いたしました。21

2019/11/07 (Thu) 21:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

QR