すてまわり

吉備彦神社 -尼崎市金楽寺町-

吉備彦神社 -尼崎市金楽寺町-

吉備彦神社 -尼崎市金楽寺町-
吉備彦神社
きびひこじんじゃ
-尼崎市金楽寺町- (2017-11)

 境内は金楽寺貝塚という遺跡でもある神社。
 1961年の発掘調査で、大半が平安時代前期~中期の土器類・魚貝類・瓦類・土製品・古銭が出土しています。

 1701年発行の『攝陽郡談』には、遣唐使吉備真備が錦楽寺を造営し、唐から持ち帰った土を埋め叢祠を建て一品天神としたことが記されています。
 屋根瓦にも一品宮と記されたものがあり、旧地名も一品田・一品前とも呼ばれていたそう。
 御祭神は、吉備大神(吉備真備)。

 冬の夕方に行ったこともあって、ちびと暗いイメージが残っております。
 神社らしいと言えば神社らしいんですけどね。
 なんですが、拝殿正面に架かった三枚の奉納絵馬が鮮やかです。
 と言うか、こんな無防備に飾られてていいもんなんでしょうかw
 特に何でもない街中のお地蔵さんでさえ拉致されてしまう時代なのに。
 かと言って後生大切に保管されてしまうと、こちらとしては見れなくなるわけですしね。それもヤだなぁ。
 地域の方々の純朴な人間性が窺えてほっこりしてしまいながらも、悪い想像をしてしまう自分が。。。いや、世相が辛いです。

吉備彦神社 -尼崎市金楽寺町-
鳥居 (2017-11)

吉備彦神社 -尼崎市金楽寺町-
拝殿 (2017-11)

吉備彦神社 -尼崎市金楽寺町- 吉備彦神社 -尼崎市金楽寺町-
狛犬 (2017-11)

吉備彦神社 -尼崎市金楽寺町-
拝殿の絵馬(中央) (2017-11)

吉備彦神社 -尼崎市金楽寺町-
拝殿の絵馬(向かって右) (2017-11)

吉備彦神社 -尼崎市金楽寺町-
拝殿の絵馬(向かって左) (2017-11)

吉備彦神社 -尼崎市金楽寺町-
本殿 (2017-11)

吉備彦神社 -尼崎市金楽寺町-
稲荷社の鳥居 (2017-11)

吉備彦神社 -尼崎市金楽寺町- 吉備彦神社 -尼崎市金楽寺町-
お狐さん (2017-11)

吉備彦神社 -尼崎市金楽寺町-
稲荷社 (2017-11)

吉備彦神社 -尼崎市金楽寺町-
金楽寺貝塚断面図 (2017-11)

吉備彦神社 -尼崎市金楽寺町-
この下に埋まってるのか (2017-11)





阪神本線・なんば線「大物駅」から約1.0km。
JR東海道本線・東西線・福知山線「尼崎駅」から約1.2km。
阪神バス「天満神社」から約200m。

Comments 0

Leave a reply

QR