すてまわり

初嶋大神宮 -尼崎市築地-

初嶋大神宮 -尼崎市築地-

初嶋大神宮 -尼崎市築地-
初嶋大神宮
はつしまだいじんぐう
-尼崎市築地- (2017-05)

 尼崎市の築地に鎮座されます。
 埋め立てが進み現在では内陸感が強いですが、かつては浦の初島と詠われた景勝地であったそう。

 正和年間(1312~1317年)の創祀といわれています。
 元は日吉大社より尼崎に勧請された一社が別所町と別所村に分社され、その別所町(現在の東本町)の方の初嶋恵比寿がこちらの神社だったということです(別称村の方は現在の尼崎えびす神社)。
 築地開発に伴い1666年、現在地へ遷り、享保年間(1716~1736年)に現社名へと改称されています。
 御祭神は、主祭神として天照大神で、事代主命・応神天皇・蛭子命を配祀。

 連れて来てくれた友人運転手が「でかいよ」と言ってたとおりの大きな鳥居が目立ちます。
 先代の鳥居が伊勢神宮第二鳥居を下賜されたものだったので、それを模されたのでしょうか。
 その先代は、阪神大震災により倒壊してしまったので、境内に笠木が保存されています。大きいです。

 個人的には、本殿が超好み。
 中門等も併せて、コリコリチクチクした見た目のユニットです。ミニチュアとして欲しいくらい。

 広々とした境内ですが、築地自体が高い建物も少なく圧迫感のない街並みをしています。
 真新しい建物が多く、一見ニュータウンのようですけど、これは震災で大きな被害が出た為。
 復興の際、街は新しくなれど、ところどころに築地の歴史を感じさせる街造りとなっているのがステキでした。
 各地の都市再開発などでも見習って欲しいですね。

初嶋大神宮 -尼崎市築地-
鳥居 (2017-05)

初嶋大神宮 -尼崎市築地-
拝殿 (2017-05)

初嶋大神宮 -尼崎市築地- 初嶋大神宮 -尼崎市築地-
拝殿前の狛犬 (2017-05)

初嶋大神宮 -尼崎市築地- 初嶋大神宮 -尼崎市築地-
中門前の狛犬 (2017-05)

初嶋大神宮 -尼崎市築地-
中門と本殿 (2017-05)

初嶋大神宮 -尼崎市築地-
本殿別角度 (2017-05)

初嶋大神宮 -尼崎市築地-
八剣大明神の鳥居と覆屋 (2017-05)

初嶋大神宮 -尼崎市築地-
八剣大明神 (2017-05)

初嶋大神宮 -尼崎市築地-
荒神宮 (2017-05)

初嶋大神宮 -尼崎市築地-
天満宮 (2017-05)

初嶋大神宮 -尼崎市築地-
金刀比羅宮 (2017-05)

初嶋大神宮 -尼崎市築地- 初嶋大神宮 -尼崎市築地-
金刀比羅宮の狛犬 (2017-05)

初嶋大神宮 -尼崎市築地-
伊勢神宮大鳥居御下賜記念碑と笠木 (2017-05)

初嶋大神宮 -尼崎市築地-
保存されている笠木 (2017-05)

初嶋大神宮 -尼崎市築地-
浦の初島 (2017-05)

初嶋大神宮 -尼崎市築地-
由緒書 (2017-05)

初嶋大神宮 -尼崎市築地-
御朱印



公式 - 初嶋大神宮



阪神本線・なんば線「尼崎駅」「大物駅」から約1.1km。
市バス「松島町」から約600m。
阪神バス「東本町」から約700m。

Comments 1

-  
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2019/11/08 (Fri) 09:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

QR