すてまわり

神崎金比羅さんの石灯籠 -尼崎市神崎町-

神崎金比羅さんの石灯籠 -尼崎市神崎町-

神崎金比羅さんの石灯籠 -尼崎市神崎町-
神崎金比羅さんの石灯籠
かんざきこんぴらさんのいしどうろう
-尼崎市神崎町- (2017-12)

 神崎川右岸、道路沿いの緑地帯に石灯籠が一基建っております。
 お宮ではないので神社ではありませぬ。

 かつて港町として発展し、天下第一の歓楽の地と呼ばれることもあった神崎の地。
 水運で賑わっていた頃、海上安全を祈願して建てられた灯籠で、灯台的な役割も担っていました。
 設置当初は高灯籠であったのではないかと考えられています。
 現存の石製のものは、1804年頃の建て替えであり、場所も船着き場に近い位置にあったのを堤防工事の為、現在地に移動してきています。

 今の神崎は工場や住宅でびっしり埋まっているので、散策にはイマイチかなと思いきや、地元の方々により所々歴史を感じさせるものが存在します。
 街の雰囲気からするとその積極性が正直意外なんですが、歴史好きには嬉しい話です。ありがとうございます。
 ちょっと古いだけの石灯籠も、地元の歴史を伝える立派な史跡ですもんね。

神崎金比羅さんの石灯籠 -尼崎市神崎町-
金比羅さんの石灯籠 (2017-12)

神崎金比羅さんの石灯籠 -尼崎市神崎町-
解説板 (2017-12)





JR東西線「加島駅」から約1.5km。
阪神バス「神崎」から約200m。

  • Comment:1
  • にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

Comments 1

-  
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2019/11/08 (Fri) 10:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

QR