すてまわり

南清水古墳 -尼崎市南清水-

南清水古墳 -尼崎市南清水-

南清水古墳 -尼崎市南清水-
南清水古墳
みなみしみずこふん
-尼崎市南清水- (2018-01)

 住宅に埋もれてますが、ややこんもりとカーブが見受けられる街中古墳。
 墳丘上には南清水須佐男神社が鎮座されます。

 全長約40mの前方後円墳で、前方部に比べて後円部が大きい帆立貝式古墳です。
 築造時期は古墳時代中期。

 社殿の建つのは後円部で、墳丘の原型は留めていないのですけど、航空写真で見ると周濠のカタチはなんとなく感じられます。
 手の届く程度の昔まで北側の周濠は残っていたようですね。今は宅地化されています。仕方のないことです。
 須佐男神社のある限り消滅は免れるはずなので、現存しているだけでもラッキー。
 そこに古墳があるってだけで満足なのです。

 北200mくらいの近いトコロに大塚山古墳があり、西の御願塚古墳、南の御園古墳、消滅した池田山古墳などの前方後円墳により猪名野古墳群を形成しています。

南清水古墳 -尼崎市南清水-
南側から (2018-01)

南清水古墳 -尼崎市南清水-
社殿の建つ墳丘頂点部 (2018-01)

南清水古墳 -尼崎市南清水-
稲荷社から社殿西側高低差 (2018-01)

南清水古墳 -尼崎市南清水-
解説板 (2018-01)





JR福知山線「猪名寺駅」から約400m。
阪急伊丹線「稲野駅」から約1.1km。

  • Comment:1
  • にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

Comments 1

-  
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2019/11/10 (Sun) 21:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

QR