すてまわり

寺江亭跡 -尼崎市杭瀬寺島-

寺江亭跡 -尼崎市杭瀬寺島-

寺江亭跡 -尼崎市杭瀬寺島-
寺江亭跡
てらえていあと
-尼崎市杭瀬寺島- (2017-12)

 真っ直ぐ進めるわけじゃないけど、今福八幡神社から東へ行き神崎川に突き当たったトコロ。
 石標・石碑・解説板が建つだけのスペース。

 寺江亭は、平安時代末の有力者である五条権大納言藤原邦綱の別邸です。
 寺江というのは地名。
 川から直接邸内に入れる寝殿造りの豪奢な建物であったと記録が残ります。
 場所柄、多くの貴人の宿舎にもなったそうです。

 別説では大物の方だともいわれますが、塩野義製薬の工場建設の際に多くの礎石が出てきたそうなので、跡地として有力視されています。
 そういう経緯からか石標は、寺江亭阯傳説地となっておりますね。

 正直、個人的にはあんまり興味ないんですが、工場の一角(と思います)が史跡スペースになっているのは嬉しいですね。
 何もないよりある方がいいw
 今後、この時代の話を本で読んだりしたら、この場所に行ったことも色付きの想い出に変わるでしょうし。
 子供頃から歴史好きだったけど幕末興味なしだったのが、石碑1本でもきゃっきゃできるようになった自分の例がありますからねw

 でも、ざくざく出てきたという礎石がどーなったのかだけは気になります。

寺江亭跡 -尼崎市杭瀬寺島-
石標 (2017-12)

寺江亭跡 -尼崎市杭瀬寺島-
石碑 (2017-12)

寺江亭跡 -尼崎市杭瀬寺島-
解説板 (2017-12)





阪神本線「杭瀬駅」から約1.0km。

Comments 1

-  
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2019/11/11 (Mon) 12:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

QR