すてまわり

福永稲荷大明神 -大阪市北区梅田-

福永稲荷大明神 -大阪市北区梅田-

福永稲荷大明神 -大阪市北区梅田-
福永稲荷大明神
ふくながいなりだいみょうじん
-大阪市北区梅田- (2016-11)

 大阪駅前第1ビルの屋上に鎮座されます。
 ということで地図のマーカーは大阪駅前第1ビルにしています。位置的には北東角。
 エレベーターでR階に上がると行けますが、参拝時間は11時~16時なので注意。ビアガーデンの時期なんかも営業時間外とはいえ、ちょっとめんどくさいかもしれませんね。

 この場所に古くから小さな丘があって狐が巣としていました。
 源融の十七代目にあたる渡辺伊豆三郎が開拓し屋敷を構えますが、応安年間(1368~1374年)に十八代目の渡辺十郎が稲荷の祠を祀ったのが創始とされます。
 1868年、露天神の管理となり、1909年の北の大火ではこの祠だけ焼け残り「焼けずの稲荷」なんて呼ばれています。
 三十七代目の渡辺兼平の妻麻門により天満宮も建てられ整備されたものの1945年の空襲にて、今度は焼けてしまいます。
 その後、小祠を建てお祀りは継続してたものの、大阪駅前再開発事業があることで移転の問題が起こり、旧地に建ったこちらのビルの屋上を神域として遷座されました。

 隣の大阪駅前第2ビルの(3階)屋上に徳兵衛稲荷大明神が鎮座されるので、混同してしまいがち。
 駅前ビルの地下は梅田ダンジョンでも屈指の難所なのに、屋上神社でも迷わせるか。とか思います。
 やたらと「こっちだよ」アピールのある徳兵衛稲荷と違って、こちらのお稲荷さんのことは近年まで知らなかったんですけどねw

 ただどちらのお稲荷さんもオフィスビルの屋上なのにお参りできるのが嬉しい話です。

福永稲荷大明神 -大阪市北区梅田-
別角度 (2016-11)

福永稲荷大明神 -大阪市北区梅田-
鳥居 (2016-11)

福永稲荷大明神 -大阪市北区梅田-  福永稲荷大明神 -大阪市北区梅田-
お狐さん (2016-11)

福永稲荷大明神 -大阪市北区梅田-
お社 (2016-11)

福永稲荷大明神 -大阪市北区梅田-
狐塚碑 (2016-11)

福永稲荷大明神 -大阪市北区梅田-
狐塚の由来 (2016-11)





JR東西線「北新地駅」から100m以内。
地下鉄四つ橋線「西梅田駅」から約200m。
阪神本線「梅田駅」から約400m。
JR各線「大阪駅」から約500m。
地下鉄谷町線「東梅田駅」から約500m。
阪急各線「梅田駅」から約900m。

Comments 1

たけちゃん  

お参りさせていただきました。
今はビアガーデンの季節なので、
テーブルなどがセッティングされていました。早い時間だったのと、天候のせいか店員さんは居らず、ゆっくりお参りさせていただきました。

2019/08/29 (Thu) 00:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

QR