すてまわり

八幡神社(今福八幡神社) -尼崎市今福-

八幡神社(今福八幡神社) -尼崎市今福-

八幡神社(今福八幡神社) -尼崎市今福-
八幡神社(今福八幡神社)
はちまんじんじゃ(いまふくはちまんじんじゃ)
-尼崎市今福- (2017-12)

 平均サイズな境内ながら樹木が薄く鎮守の森感に欠けるからか、どことなく違和感。

 創建年代等不詳。
 村は織田信長の兵火に焼かれるも、こちらの神社は焼失を免れたとか。
 御祭神は、八幡大神。

 紀元二千六百年記念で本殿・拝殿を改築されていますが、阪神大震災で全壊。
 違和感の正体、ここでした。
 現在建っているのは、拝殿ではなく本殿。もっと言うと被災後の仮本殿だそう。
 石の基壇登って小橋(手すりが置かれてるのでそんな雰囲気)を渡るかのように進んで社殿ってのが変な感じだったんですけど、元々は拝殿・本殿が建っていたんですね。
 さて本殿の写真撮ろうと横に廻ったら後ろに樹があるだけなんで、これが御神体か?とか思ってました。八幡神社やっちゅーに。

 阪神間の神社は地震で大きなダメージを受けたところが多いですけど、ほとんど復興はされています。
 でもまだ傷跡が残っている神社もあるんですね。
 事情はわかりませんが、もし望まれているのであれば、元のカタチに戻るといいですね。
 自分は紹介することしかできませんが。

八幡神社(今福八幡神社) -尼崎市今福-
鳥居 (2017-12)

八幡神社(今福八幡神社) -尼崎市今福-  八幡神社(今福八幡神社) -尼崎市今福-
狛犬 (2017-12)

八幡神社(今福八幡神社) -尼崎市今福-
社殿の基壇 (2017-12)

八幡神社(今福八幡神社) -尼崎市今福-
社殿 (2017-12)

八幡神社(今福八幡神社) -尼崎市今福-
社殿の側面と御神木 (2017-12)

八幡神社(今福八幡神社) -尼崎市今福-
服部稲荷大明神の鳥居 (2017-12)

八幡神社(今福八幡神社) -尼崎市今福-
服部稲荷大明神 (2017-12)

八幡神社(今福八幡神社) -尼崎市今福-
石塔 (2017-12)

八幡神社(今福八幡神社) -尼崎市今福-
由緒書 (2017-12)





阪神本線「杭瀬駅」から約800m。

Comments 1

-  
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2019/11/11 (Mon) 17:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

QR