すてまわり

ぬえ塚 -芦屋市浜芦屋町-

ぬえ塚 -芦屋市浜芦屋町-

ぬえ塚 -芦屋市浜芦屋町-
ぬえ塚
ぬえづか
-芦屋市浜芦屋町- (2017-06)

 南北に長い芦屋公園の中央部くらいのトコロ、交番が目印の小さな塚です。

 鵺(ぬえ)は、頭はサル、体はタヌキ、手足はトラ、尾はヘビというキメラキメラした伝説の化鳥。
 平家物語等で源頼政が退治したなんてお話があります。
 その退治後、死体を川に流したところ、この芦屋の地に流れ着き、懇ろに葬られたのがこちらの鵺塚だといわれています。

 全く同じ謂れが大阪市都島区の鵺塚にありますね。
 淀川を流れて来たならあちらの方が信憑性ありそう、つか、スポットとしてのあやかしな雰囲気は向こうが遥かに上。

 こちらのぬえ塚は、石碑も後世に作られたもので、元は古墳に纏わる伝承だったようです。
 信憑性がないなんて言うと元も子もありませんが、都島や芦屋に不思議な伝説の残る場所があるのが楽しくて仕方ないです。
 誰かが言い出したんでしょうけど、それが現代になっても残ってるんだから、むしろその事象が不思議で面白く感じます。

ぬえ塚 -芦屋市浜芦屋町-
石碑 (2017-06)

ぬえ塚 -芦屋市浜芦屋町-
解説板 (2017-06)





阪神本線「芦屋駅」から約600m。

  • Comment:0
  • にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事

Comments 0

Leave a reply

QR