すてまわり

中央稲荷社(傘杉大神) -守口市高瀬町-

中央稲荷社(傘杉大神) -守口市高瀬町-

中央稲荷社(傘杉大神) -守口市高瀬町-
中央稲荷社(傘杉大神)
ちゅうおういなりしゃ(かさすぎだいじん)
-守口市高瀬町- (2016-04)

 街角の小さなお稲荷さんです。
 レア神社っぽいですが、高瀬神社の鳥居の前から朱の色がよく見えるので発見は容易。

 位置的に高瀬神社の末社なのかなと考えましたが、失礼ながら柵の痛みも激しくてそれが放置されているので、違うかなと思います。
 高瀬神社の参道を鳥居も越えてまっすぐ伸ばせば、ちょうどこのお社が参道脇に鎮座することになるんですけどね。
 柵はあれですけど、お社や境内はキレイにされています。
 お世話されている方がいるのでしょう。

 傘杉大神というくらいなので、かつては立派な御神木の杉の木が生えていたのかもしれませんね。

中央稲荷社(傘杉大神) -守口市高瀬町-
お社 (2016-04)





京阪本線「土居駅」から約400m。
京阪本線「滝井駅」から約700m。
京阪本線「守口市駅」から約800m。
地下鉄今里筋線「清水駅」から約900m。
地下鉄今里筋線・谷町線「太子橋今市駅」から約1.0km。

Comments 2

ぐうたら釣友会会員1  
由来の分からない神社もあるそうです。

どなたが社を建ててお祭りしたものやら。でも、一応お祭りされ続けているようですね。
ネットでこの神社について調べましたところ、『熊鷹大神』がお祭りされているとのことです。『熊鷹』ですから、かつて大和政権に侵略された夷の神なのでしょう。
(大国主だって、侵略された民の神といえなくはありません。)
その神様を『うかのみたま』と同一視して、お稲荷さんとしてお祭りしているのではないかとのことでした。
ネット情報ですので、全面的に信用はできませんが、『熊鷹』はたしかに征服された民の大和朝廷側からの呼称です。

2016/05/13 (Fri) 12:22 | EDIT | REPLY |   
粉石  
Re: 由来の分からない神社もあるそうです。

 以前は熊鷹大神の提灯もかかっていたようですね。
 痛んだので仕舞ったのか、特別な時だけ吊るすのか、謎ですw
 詳しいことがわからない神社の由来などを想像するのも歴史の楽しみ方のひとつですね。

2016/05/13 (Fri) 13:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

QR