すてまわり

鳴尾一本松旧跡 -西宮市里中町-

鳴尾一本松旧跡 -西宮市里中町-

鳴尾一本松旧跡 -西宮市里中町-
鳴尾一本松旧跡
なるおいっぽんまつきゅうせき
-西宮市里中町- (2017-05)

 その名も一本松公園です。
 四方を建物に囲まれた小さなスペースで、アクセスは北と西から。
 地元民か、前知識がないとまず通らないですね。

 かつて鳴尾は松の景勝地と知られ、歌枕にもなり、多くの和歌や謡曲の題材となったそうです。
 その中でもひと際、天高くそびえ立つ松があったそうで、それが一本松。
 天気の良い日には、一の谷や天王山、暗峠からも見えたそうな。
 ってのは、空気や建物を考慮しても、ちょっとふいてるかと思われますが、それくらい立派な樹があったようです。

 現在の樹は5代目だそうで、どうもそれまで別の場所にあったみたいですね。
 鳴尾の一本松を残そうってことで転々として、今、この地で育っています。
 横の樹が育ちすぎて、松がよく見えない結果になってるのも御愛嬌。

 まぁ、場所云々は別として、一本松の記憶を伝える史跡として存在意義は大きいと思います。

鳴尾一本松旧跡 -西宮市里中町-
芸能人マネージャーか政治家秘書的な樹に撮影から守られる一本松 (2017-05)

鳴尾一本松旧跡 -西宮市里中町-
石標 (2017-05)

鳴尾一本松旧跡 -西宮市里中町-
石碑 (2017-05)

鳴尾一本松旧跡 -西宮市里中町-
解説板 (2017-05)

鳴尾一本松旧跡 -西宮市里中町-
水準点 (2017-05)





阪神本線「鳴尾駅」から約300m。
阪神本線「武庫川駅」から約900m。

  • Comment:0
  • にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事

Comments 0

Leave a reply

QR