すてまわり

坐摩神社 -大阪市中央区久太郎町-

坐摩神社 -大阪市中央区久太郎町-

坐摩神社 -大阪市中央区久太郎町-
坐摩神社
いかすりじんじゃ ざまじんじゃ
-大阪市中央区久太郎町- (2016-06)

 正式には坐摩と書いて「いかすり」と読むのですが、通称としての「ざま」の読みが完全に定着。自分もついつい後者で読んでしまいます。
 大阪を代表するビジネス街である本町に鎮座し、背後を阪神高速、周囲をビルと南御堂に囲まれたエアスポット的な立地なんですけど、摂津国一宮(住吉大社もだけど)の式内社で歴史も格式もある神社です。

 創建については諸説あるそうですが、神功皇后が三韓征伐より帰還したおり、淀川河口(後の渡辺津、現在の天満橋~北浜間の辺り)に奉祀したのが始まりとされます。
 1582年、豊臣秀吉の大坂城築城の際に現在地へ遷座されました。
 御祭神は、坐摩大神(生井神・福井神・綱長井神・阿須波神・波比岐神)。

 鎮座地の住所は「久太郎町4丁目渡辺3号」と言います。
 番地が「渡辺」なんですねw
 これは前述の遷座の時に地名の渡辺ごと移ってきたことに端を発し、旧南区・東区統合の際にその渡辺町が無くなることに反発があって、結果折衷案で番地に渡辺を残すことになったそうです。
 上町ABCみたいなのまだあるんですねー。

 正面鳥居は、モノは古くはないけど存在が珍しい三ツ鳥居です。

 末社の火防陶器神社は、旧靱南通りの愛宕山将軍地蔵が移転合祀された神社。
 本殿と正反対に西面していて、そちら側の鳥居から入ると独立した神社のような存在感があります。
 陶器神社だけにたくさんの陶器が並んでいて、灯籠はまだしも由緒書まで陶器のお皿だったりします。
 ただ、個人的には周辺のせともの町の印象は薄く、繊維問屋街の船場から信仰を集める末社の繊維神社の方が場所的にはしっくりきます。

 境内には、大阪府神社庁のビルがあって、それがこちらの神社の社務所でもあります。
 ちなみに御朱印は、坐摩神社と陶器神社のモノがいただけるそうです。

 都会の真ん中ですけど、この記事でだいたい使ってる写真の時は、境内にアジサイの植えられた鉢がたくさん置かれていて、とてもキレイでした。
 なかなかのオアシス感です。

 旧鎮座地(道沿いで北東約2.4km)には坐摩神社行宮が、浪速区(直線で南に3km以上)に境外末社の浪速神社があります。

坐摩神社 -大阪市中央区久太郎町-
鳥居 (2016-06)

坐摩神社 -大阪市中央区久太郎町-  坐摩神社 -大阪市中央区久太郎町-
狛犬 (2016-06)

坐摩神社 -大阪市中央区久太郎町-
拝殿 (2016-06)

坐摩神社 -大阪市中央区久太郎町-
本殿 (2016-06)

坐摩神社 -大阪市中央区久太郎町-
末社列外観 (2016-06)

坐摩神社 -大阪市中央区久太郎町-
奥から大江神社・繊維神社・大國主神社・天満宮・相殿神社 (2016-06)

坐摩神社 -大阪市中央区久太郎町-
稲荷神社 (2016-06)

坐摩神社 -大阪市中央区久太郎町-
火防陶器神社 (2014-04)

坐摩神社 -大阪市中央区久太郎町-
火防陶器神社の由緒書 (2016-06)

坐摩神社 -大阪市中央区久太郎町-
ゲジ眉狛犬 (2014-04)

坐摩神社 -大阪市中央区久太郎町-
明治天皇聖躅 (2016-06)

坐摩神社 -大阪市中央区久太郎町-
上方落語寄席発祥の地の石碑 (2014-04)

坐摩神社 -大阪市中央区久太郎町-
陶器神社側の鳥居 (2016-06)

坐摩神社 -大阪市中央区久太郎町-
由緒書 (2016-06)

坐摩神社 -大阪市中央区久太郎町-
坐摩神社の御朱印

坐摩神社 -大阪市中央区久太郎町-
火防陶器神社の御朱印



wiki - 坐摩神社
公式 - 坐摩神社



地下鉄中央線・四つ橋線・御堂筋線「本町駅」から約300m。
地下鉄長堀鶴見緑地線・御堂筋線「心斎橋駅」から約800m。
地下鉄四つ橋線「四ツ橋駅」から約800m。
地下鉄中央線・堺筋線「堺筋本町駅」から約900m。

Comments 1

たけちゃん  

お参りさせていただきました。
全てにすがすがしい神社です。
お参りした後に、すがすがしい気持ちになります。

2019/09/08 (Sun) 00:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

QR