すてまわり

大利鼎吉遭難之地(石蔵屋跡) -大阪市中央区瓦屋町-

大利鼎吉遭難之地(石蔵屋跡) -大阪市中央区瓦屋町-

大利鼎吉遭難之地(石蔵屋跡) -大阪市中央区瓦屋町-
大利鼎吉遭難之地(石蔵屋跡) おおりていきちそうなんのち(いしくらやあと)
-大阪市中央区瓦屋町- (2017-03)

 おもちゃやお菓子の問屋が並ぶ「まっちゃまち」の松屋町筋に石碑があります。

 大利鼎吉は土佐勤王党に所属した土佐藩士。
 脱藩後、田中光顕・大橋慎三・池田応輔らと大坂焼き討ちを計画します。
 しかし計画は漏れ、アジトのぜんざい屋(石蔵屋)を新選組の谷万太郎・谷三十郎・正木直太郎・阿部十郎が襲撃。
 たまたま外出してなかった大利さんが4対1の闘いの末、斬られて果てました。

 それがぜんざい屋事件(1865年)なんですが、その時、難を逃れた田中光顕により、この石碑は建てられています。
 ちなみに田中さんは、新政府にも参加して昭和まで生きられています。人生の岐路ですね。

 亡くなった大利さんには悪いですけど、幕末史跡というか新選組史跡としてアピール力あるかもしれません。
 ちなみに、自分は全く気が付きませんでしたが向かいのお店の外壁に解説板があるそうです。

大利鼎吉遭難之地(石蔵屋跡) -大阪市中央区瓦屋町-
石碑 (2017-03)

大利鼎吉遭難之地(石蔵屋跡) -大阪市中央区瓦屋町-
石碑側面の碑文 (2017-03)





地下鉄長堀鶴見緑地線「松屋町駅」から約300m。
地下鉄堺筋線・長堀鶴見緑地線「長堀橋駅」から約700m。
地下鉄谷町線・長堀鶴見緑地線「谷町六丁目駅」から約800m。

Comments 1

たけちゃん  

見学してきました。
若さとは、何とかなると思ってしまいます。無謀な計画を立て、脇が甘い。
ばれて、1人殺される。他は逃げたとのこと。そういう時代だったとはゆえ、今の若者とも相通ずるところはあると思います。

2019/08/22 (Thu) 01:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

QR