すてまわり

河内國魂神社(五毛天神社) -神戸市灘区国玉通-

河内國魂神社(五毛天神社) -神戸市灘区国玉通-

河内國魂神社(五毛天神社) -神戸市灘区国玉通-
河内國魂神社(五毛天神社) かわちくにたまじんじゃ(ごもうてんじんじゃ)
-神戸市灘区国玉通- (2016-11)

 駅の方からだと結構な坂道を登った先に鎮座する式内社(の論社。綱敷天満神社がそうであるという説もアリ)。
 鳥居後ろの立派な松がお出迎えしてくれます。

 伊勢神宮開社の頃(紀元前3年頃)の創祀と伝わります。
 901年、菅原道真が大宰府へ向かう際、この地で師父尊意と惜別した縁から、ミッチー没後に勧請合祀して五毛天神と称するようになりました。
 享保年間(1716年~1735年)に並河誠所が式内河内國魂神社と比定。
 庄屋さんが大坂の奉行所まで呼びつけられて無理矢理押し付けられたそうですw
 御祭神は、大巳貴命・少彦名命・菅原道真公。

 境内にいつもの並河印のずんぐりした社号標があります。
 しかし、式内社であることを売りにしている神社もあるなか、うちは五毛天神なんだけどなぁなノリをキープしているのが面白いですね。
 バス停の名称も五毛天神だし。
 ああ、でも地名は国玉通なんだな。いい感じでユルいですね。

 隣接して元神宮寺の海蔵寺もあります。

河内國魂神社(五毛天神社) -神戸市灘区国玉通-
鳥居 (2016-11)

河内國魂神社(五毛天神社) -神戸市灘区国玉通-
手水鉢 (2016-11)

河内國魂神社(五毛天神社) -神戸市灘区国玉通-
左の狛神馬 (2016-11)

河内國魂神社(五毛天神社) -神戸市灘区国玉通-
右の狛神馬 (2016-11)

河内國魂神社(五毛天神社) -神戸市灘区国玉通-
拝殿 (2016-11)

河内國魂神社(五毛天神社) -神戸市灘区国玉通-  河内國魂神社(五毛天神社) -神戸市灘区国玉通-
狛犬 (2016-11)

河内國魂神社(五毛天神社) -神戸市灘区国玉通-
荒川稲荷神社の鳥居 (2016-11)

河内國魂神社(五毛天神社) -神戸市灘区国玉通-
荒川稲荷神社 (2016-11)

河内國魂神社(五毛天神社) -神戸市灘区国玉通-
厳島神社・箕岡神社合祀殿 (2016-11)

河内國魂神社(五毛天神社) -神戸市灘区国玉通-
境内神社由来 (2016-11)

河内國魂神社(五毛天神社) -神戸市灘区国玉通-
遥拝所 (2016-11)

河内國魂神社(五毛天神社) -神戸市灘区国玉通-
絵馬殿 (2016-11)

河内國魂神社(五毛天神社) -神戸市灘区国玉通-
菅公御手植えの松の切り株 (2016-11)

河内國魂神社(五毛天神社) -神戸市灘区国玉通-
撫で牛 (2016-11)

河内國魂神社(五毛天神社) -神戸市灘区国玉通-
河内國魂社の社号標 (2016-11)

河内國魂神社(五毛天神社) -神戸市灘区国玉通-
五毛天満宮の社号標 (2016-11)



wiki - 河内国魂神社



阪急神戸線「王子公園駅」から約1.0km。
市バス「五毛天神」の目の前。

Comments 0

Leave a reply

QR