すてまわり

瘡神社 -枚方市牧野本町-

瘡神社 -枚方市牧野本町-

瘡神社 -枚方市牧野本町-
瘡神社 くさがみしゃ
-枚方市牧野本町- (2016-04)

 読みは「くさ(そう)-じんじゃ」ではなく「くさがみ-しゃ」とトラップぎみ。
 片埜神社の東門から東へ200m弱のトコロにある境外末社です。
 枚方東消防署阪出張所を挟んで同じく境外末社の朝原神社もあります。

 こちらのお社には、ちょっとした謂れがあります。
 菅原道真が大宰府へ向かう途中、馬が病気になってしまい、やむなく地元の人に託して出発しますが結局、馬は死んでしまいます。
 その馬が埋葬された場所に藁草などのお供え物が多く置かれるようになり、いつしか草神様と呼ばれ音の同じ瘡神社となったというお話です。
 御祭神は、瘡神・火酢芹命。

 御神体は、後ろの森と池というネイチャー神社です。地図で見ると丸い池が記されていますね。
 その為、小さいから気が付きにくいですけど、社殿は本殿なしの拝殿のみとなっております。
 ミッチーの馬エピより前から祀られていたという話もあるようです。

瘡神社 -枚方市牧野本町-
鳥居と拝殿 (2016-04)





京阪本線「牧野駅」から約600m。

Comments 0

Leave a reply

QR