すてまわり

敏馬神社 -神戸市灘区岩屋中町-

敏馬神社 -神戸市灘区岩屋中町-

敏馬神社 -神戸市灘区岩屋中町-
敏馬神社 みぬめじんじゃ
-神戸市灘区岩屋中町- (2016-11)

 読みが「びんめ」とかじゃないとは覚えてるけど、毎回、「するめ」かなぁ、いや「すのめ」かぁで検索候補に出てきて、ああ、「みぬめ」だったな、という流れをします。難読です。認められている分で「みるめ」ってのはアリみたいです。
 読みもそうですが、字も汶売・美奴売・三犬女・見宿女などが当てられてきたそう。
 歴史ある式内社ならではですかね。つか、憶えろよ、自分。

 神功皇后が新羅出兵の際、能勢の美奴売山の神様が来られて「うちの山の杉で船を作れば勝つる!」と告げられ、その通りになっての凱旋時、この地で船が動かなくなり占うと「神の御心ナリ」とコロ助な結果だったので、美奴売神をお祀りしました。
 201年、それが創建の由来だそう。
 お話をよく知らないんですが、神功皇后の船はなかなか前に進みませんね。
 先に記したように式内社で、延喜式神名帳には汶売神社と記載されています。
 御祭神は、素盞嗚命・天照皇大神・熊野座大神。

 国道2号線とフラットな社頭から社殿のある境内まで、崖レベルの急激な高低差があります。
 そこが格好いいのですが、それはこの地が海を望む岬であったからです。
 東側は古くは敏馬の泊と呼ばれる港で、西国へ行く際、最初に宿泊することから多くの和歌が詠まれ、万葉集に九首も掲載されています。
 中世、港は別に移りますが、白砂で松の美しい敏馬の浦は昭和の初めまで存在したそうです。
 由緒書に「HAT神戸の産土神」とあるのがかわゆいんですけど、HAT神戸は敏馬の浦を埋め立てた土地に今現在ある大型商業施設のこと。

 ルックスが良くて、歴史も風格も雰囲気もあり、急な階段を上る以外は個人的に好きな神社です。
 三犬女清水と呼ばれる井戸は阪神淡路大震災で枯れてしまったそうで残念ですが、奥の宮の奥の宮感の無さもステキですし、宮司さんの記されたQ&A形式のプリントもわかりやすくて面白かったです。

 東に1.5kmくらい離れた沢の鶴資料館の隣に御旅所の住吉神社があります。

敏馬神社 -神戸市灘区岩屋中町-
鳥居 (2016-11)

敏馬神社 -神戸市灘区岩屋中町-
拝殿 (2016-11)

敏馬神社 -神戸市灘区岩屋中町-  敏馬神社 -神戸市灘区岩屋中町-
狛犬 (2016-11)

敏馬神社 -神戸市灘区岩屋中町-
本殿 (2016-11)

敏馬神社 -神戸市灘区岩屋中町-
水神社・奥の宮 (2016-11)

敏馬神社 -神戸市灘区岩屋中町-
水神社 (2016-11)

敏馬神社 -神戸市灘区岩屋中町-
奥の宮 (2016-11)

敏馬神社 -神戸市灘区岩屋中町-
水神社・奥の宮の由緒書 (2016-11)

敏馬神社 -神戸市灘区岩屋中町-
后の宮 (2016-11)

敏馬神社 -神戸市灘区岩屋中町-
后の宮と神功皇后祠の石碑 (2016-11)

敏馬神社 -神戸市灘区岩屋中町-
后の宮の由緒書 (2016-11)

敏馬神社 -神戸市灘区岩屋中町-
覆屋ごと松尾神社 (2016-11)

敏馬神社 -神戸市灘区岩屋中町-
松尾神社 (2016-11)

敏馬神社 -神戸市灘区岩屋中町-
松尾神社の由緒書 (2016-11)

敏馬神社 -神戸市灘区岩屋中町-
白玉稲荷神社の鳥居 (2016-11)

敏馬神社 -神戸市灘区岩屋中町-  敏馬神社 -神戸市灘区岩屋中町-
白玉稲荷神社のお狐さん (2016-11)

敏馬神社 -神戸市灘区岩屋中町-
白玉稲荷神社 (2016-11)

敏馬神社 -神戸市灘区岩屋中町-
三犬女清水(閼伽井) (2016-11)

敏馬神社 -神戸市灘区岩屋中町-
敏馬濱趾の石碑 (2016-11)

敏馬神社 -神戸市灘区岩屋中町-
敏馬の泊・敏馬浦の変遷 (2016-11)

敏馬神社 -神戸市灘区岩屋中町-
由緒書 (2016-11)

敏馬神社 -神戸市灘区岩屋中町-
御朱印



wiki - 敏馬神社



阪神本線「岩屋駅」から約200m。
JR東海道本線「灘駅」から約300m。
阪神本線「西灘駅」から約700m。
阪急神戸線「王子公園駅」から約900m。

Comments 0

Leave a reply

QR