すてまわり

船寺神社(厄除東向八幡宮) -神戸市灘区船寺通-

船寺神社(厄除東向八幡宮) -神戸市灘区船寺通-

船寺神社(厄除東向八幡宮) -神戸市灘区船寺通-
船寺神社(厄除東向八幡宮) ふなでらじんじゃ(やくよけひがしむきはちまんぐう)
-神戸市灘区船寺通- (2016-11)

 向かって左側に七五三の看板で隠れてますが厄除東向八幡宮との社号標が立ってます。

 神功皇后が三韓遠征の帰途で暴風にあい、この地に船を停泊させ風波が和らぐのを待ったとの伝承があります。
 888年には石清水八幡宮より分霊を勧請し、治水面で難のあった都賀川に向いた東向きにお社を建て、1082年に源義家が神功皇后の故事に感動して天照大神を祀らせ、1088年、立派な社殿も建立されました。
 この頃から東向八幡宮と呼ばれるようになったそうです。
 1362年には春日大社より春日大神を勧請し、
 ただ、創始に関しては諸説あり、神宮寺の船寺と共に三田市の辺りから遷ってきたともいわれています。
 御祭神は、八幡大神・天照皇大神・春日大神。

 社殿より立派な神社会館があってもほどよく広い境内、暗くならない程度の樹木、さほど脇に寄せられた感のない末社や石碑。
 意図されたわけじゃないと思いますが、なんだか絶妙なバランスでスッキリ系になってない印象を受けました。
 参詣者からすると、そういう神社感があることが嬉しいです。

船寺神社(厄除東向八幡宮) -神戸市灘区船寺通-
鳥居 (2016-11)

船寺神社(厄除東向八幡宮) -神戸市灘区船寺通-
拝殿 (2016-11)

船寺神社(厄除東向八幡宮) -神戸市灘区船寺通-  船寺神社(厄除東向八幡宮) -神戸市灘区船寺通-
狛犬 (2016-11)

船寺神社(厄除東向八幡宮) -神戸市灘区船寺通-
本殿 (2016-11)

船寺神社(厄除東向八幡宮) -神戸市灘区船寺通-
岩楠社 (2016-11)

船寺神社(厄除東向八幡宮) -神戸市灘区船寺通-
岩楠社の御神体 (2016-11)

船寺神社(厄除東向八幡宮) -神戸市灘区船寺通-
船寺稲荷社への鳥居 (2016-11)

船寺神社(厄除東向八幡宮) -神戸市灘区船寺通-
船寺稲荷社の鳥居 (2016-11)

船寺神社(厄除東向八幡宮) -神戸市灘区船寺通-
船寺稲荷社 (2016-11)





阪神本線「大石駅」から約200m。

Comments 0

Leave a reply

QR