すてまわり

旅程 池田市の辺り

旅程 池田市の辺り

旅程 池田市の辺り
池田市の観光。ちょびっと箕面市と川西市入り。
観光なんだけど、インスタントラーメン発明記念館や池田城跡公園、五月山動物園にも行かず、我々はただただ神社を廻るのです。
そして、今回も車なんで、たんたんとしてます。

 いつもの運転手が運転手ではなく御朱印集め人で、神社に興味のない別の運転手が登場の巻です。
 その新運転手との待ち合わせまで時間があったので猪名津彦神社へ。
 公園一体型のシンプル系で北河内で見そうな感じ。

旅程 池田市の辺り

 池田駅に戻り車にライドン。
 とりあえずご飯食べた後、またも辺りの定義を乱す初っ端の神社は箕面市の牧落八幡宮です。
 広めの境内で東淀川区辺りににありそうな感じ。

旅程 池田市の辺り

 次いで新運転手の知るスポットに。
 1枚目の写真でわかりますか?
 こちら、やまやさんの中にお地蔵さんがおられるんです。
 手水と言っていいんでしょうか、お手洗いの洗面台みたいなのも設置されておりました。
 
旅程 池田市の辺り

旅程 池田市の辺り

旅程 池田市の辺り

旅程 池田市の辺り

 阿比太神社は、先日の武庫川辺りを思い出す森の中の神社でした。
 トップの鳥居型絵馬はこちらのものです。

旅程 池田市の辺り

 続いて天満宮
 太めの道路からも距離は知れていますが急坂・階段を上る必要があります。
 その分、景色はなかなかのもの。
 境内にあった力石は左が150kg、右が180kgみたいなんですけど、新運転手「左の方が大きく見えますね」、自分「お肉で出されたら左取るね」ってな会話。
 見た目はそうですよね?

旅程 池田市の辺り

旅程 池田市の辺り

旅程 池田市の辺り

 スッキリしたシンプル系小社の穴織神社と、年季が入った小社な五月丘1丁目の呉服神社。
 呉服神社は少し登ると五月丘古墳があります。

旅程 池田市の辺り

旅程 池田市の辺り

旅程 池田市の辺り

 実は一番楽しみにしていた五社神社。
 本殿奥の鉢塚古墳石室内に石造十三重塔があるみたいなんですけど、入っていいのか悪いのか、神職の方御不在でしたので(写真撮影も禁止だったし)不明。もちろん、御朱印もいただけずでした。不完全燃焼。

旅程 池田市の辺り

 駅前まで戻ってきて、大きい方の呉服神社へ。
 一の鳥居が離れたところで参道の真っ直ぐ延長線じゃないところにあります。駅の南側。
 こちらは保育園でもあるのですかね? 写真撮影の天敵チビッコたちがわんさか。。。
 なんとか上手に撮れたのでほぼ写っていなくて良かったです。
 まぁ、ホントに怖いのは他のママに媚びたいが為にイチャモンつけてくるようなママさんに絡まれた時でしょうしね。
 事案の記事とか読んでると「無い」とは言い切れないよ。。。

旅程 池田市の辺り

 ちっちゃいの三連発行きます。
 住吉大明神愛宕神社と稲荷大明神。
 旧運転手によるとまだあるみたいです。奥が深いな池田。

旅程 池田市の辺り

旅程 池田市の辺り

旅程 池田市の辺り

 猪名川を渡って小戸神社。川西市になります。
 立派な樹がいくつかあるけど森感は薄く、境内のわりに末社など具はまばら。大和川辺りにありそうな感じ。

旅程 池田市の辺り

 戻って五月山動物園の手前の伊居太神社
 いけだの名前を冠するだけあって今日一の風格でした。
 土塀があったりと島本町辺りの神社にありそう。
 真っ赤な落ち葉を見て、あと少し早かったら紅葉がキレイだったんだろなぁと思い、残念。

旅程 池田市の辺り

 そして五月山の裏手の方へ。
 地図上では天神宮で、扁額は天満宮で、駐車場には紀部神社で、神社庁では紀部神宮な神社。
 山裾にはよくある、人いないっぽいでもわりと具は多いトコでしたが、石の祠(祠じゃないかもしれないけど)が多く、丸亀の神社を思い出しました。

旅程 池田市の辺り

 地図上では春日神社で扁額は中川原社。中川原春日神社なのでしょうか。
 今日一番の不思議なトコロ。
 入口も見逃すくらいでしたが、上がると街中地蔵堂クラスの小さなお社。
 崩れかけの基壇はわりと大き目。自分は一度合祀された神社が小さく復活したのかと予想しましたが、どうでしょう。
 裏手にも崩れかけたお社(お堂?)などなどがあり、やはり基壇も。
 そちらに関しては廃寺ではないかと想像しました。そうなると、お寺の中の神社がかろうじて小さく残されたのかもしれませんね。
 ここ、思いの外、神社に興味のない運転手がお気に入りでしたw

旅程 池田市の辺り

 余野川を渡り車の機動力で細川神社へ。
 山裾にある感じの境内はそんなに広くない神社。でも風格アリ。
 こちらの本殿は新旧の運転手がお気に入り。
 御朱印いただくのも非常に丁寧な対応していただきました。気持ちの良い参拝でした。

旅程 池田市の辺り

 ラストは東山神社。
 日没はギリ間に合ってたんですけど、樹木が深くて真っ暗w
 残念アウト。
 割拝殿ということで生駒の神社っぽかったです。

旅程 池田市の辺り

 と言うことで、お気づきかもしれませんが、今回はどこそこにありそうとか、っぽいとか、感じとか色々言ってます。
 的外れでもありますが。
 土地柄や立地などで、近くの神社が似た感じになることは少なくないとは思います。
 今日、廻ったところは画一的ではなく多種多様でそれが面白く感じたので、そんな風に言ってみました。
 特に神社に興味のない人も入っていた以上、「神社って公園になってるとこばっかりですねぇ」とか「階段上ったら建物(拝殿)と狛犬あるだけでしょ」とかならなかったのは幸い。
 山も川も城も旧街道もあって歴史ある池田は、想像以上に見所がありました。

 オマケ。
 夜のビリケンさん。

旅程 池田市の辺り

Comments 2

運転手  

稲荷大明神の読めない三文字の解読キボンw

2016/12/01 (Thu) 08:28 | EDIT | REPLY |   
粉石  
Re: タイトルなし

 鳥居の方しか写真撮ってないw
 一文字目は「赤」かな?
 とばして三文字目は「絆」か「袢」かと。
 二文字目は「多」とか「手」に見える。「鳥」「島」ではなさげ。
「赤多絆」は神様っぽいし、赤手拭のノリで「赤手袢」みたいな。
 どちらも言葉としては存在しないし、結局はわからないw

2016/12/01 (Thu) 10:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

QR