すてまわり

八重垣大明神 -大阪市北区扇町-

八重垣大明神 -大阪市北区扇町-

八重垣大明神 -大阪市北区扇町-
八重垣大明神 やえがきだいみょうじん
-大阪市北区扇町- (2016-11)

 以前、この前の信号を長いなぁと待っていて何気に振り返ったらあったお社。
 阪神高速の入口の前で、フェンスに囲まれて施錠されているのでお参りはできません。
 再訪して珍しくちょっとゴメンナサイして緑地帯から写真撮ってみましたが、バンザイしてフェンスの上から撮ったので斜めってます。

 綱敷天神社の氏地の解説で由緒が書かれていました。
 徳川二代将軍秀忠の時代、堀川の渡し守の息子与八と浪速屋の娘お糸は恋仲でしたが、横恋慕した十三郎という人に斬りつけられ与八さんEND、お糸さんも重傷を負います。
 十三郎は捕えられて極刑ENDとなりますが、お糸さんは傷が癒えても心は癒えず、恋人を追って自害してしまいます。
 その際に「うちの人生最悪やん。恨んで悪霊なったるわ」的なことを言い残したらしいのですが、その祟りか70年後に八重垣姫と吉五郎の悲劇もここで繰り返され、その八重垣姫を祀ったのがこちらの神社だそうです。

 。。。お糸さん、どこ行ってん?
 つか、八重垣姫と吉五郎って誰?
 姫っていうくらいなんでええトコの娘さんだったんですかね。呪いの発生源のお糸さんではなく八重垣姫が祀られたのはカースト的なことなのでしょうか?

 ってな疑問も残りますが、元々、扇町公園内にあったのを阪神高速の建設に伴い遷されたそうです。
 遷すのは阪神高速の義理だとしても、シャッターで囲った状態なのにわざわざ残してるところなんか、オカルト好きをザワつかせたりしているみたいですね。
 元々、この辺りには刑場があったり、大蜥蜴の逸話があったり、明治には堀川監獄があったり、旧大阪プールもアレだったりとそういう趣味の人には語るべき要素が多いみたいですね。千日前ほどじゃないにしても。

 個人的には、自分の好きな娘が他の男と付き合ってるからって斬りつけて殺傷しちゃう十三郎という「人間」が一番恐いと思います。

八重垣大明神 -大阪市北区扇町-
全景 (2016-11)

八重垣大明神 -大阪市北区扇町-
正面から石碑 (2016-11)

八重垣大明神 -大阪市北区扇町-
横から石碑 (2016-11)

八重垣大明神 -大阪市北区扇町-
正面から石祠 (2016-11)

八重垣大明神 -大阪市北区扇町-
横から石祠 (2016-11)





地下鉄堺筋線「扇町駅」から約200m。
JR大阪環状線「天満駅」から約500m。
地下鉄堺筋線・谷町線「南森町駅」から約700m。
JR東西線「大阪天満宮駅」から約800m。
地下鉄谷町線「中崎町駅」から約800m。

Comments 1

たけちゃん  

お参りさせていただきました。
気持ちよくお参りさせていただきました。

2019/08/30 (Fri) 00:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

QR