すてまわり

地蔵一尊種子板碑(野間の建石) -豊能郡能勢町野間中-

地蔵一尊種子板碑(野間の建石) -豊能郡能勢町野間中-

地蔵一尊種子板碑(野間の建石) -豊能郡能勢町野間中-
地蔵一尊種子板碑(野間の建石) じぞういっそんしゅじいたひ(のまのたていし)
-豊能郡能勢町野間中- (2016-10)

 バス待ちの都合もあってお地蔵さんがあるんだと思い行ってみると、ちょっと違ったモノでした。
 種子は「しゅじ」と読み、仏さんを一音節で表現する文言のことで、それを梵字で現したりもします。というさっき調べたばかりのやわ知識。
 こちらの場合、中央部にロゴみたいなのがありますけど、それが「カ」で地蔵菩薩の種子です。

 この付近は能勢街道と三田街道の交わり、妙見さんも近いことから人馬の往来が多かった場所だったそうな。
 今からは想像もつきませんがw
 そんな場所にある地蔵一尊種子板碑は地元で野間の建石と呼ばれ、暦応四年(1341年)のモノであり、能勢町の有形文化財に指定されております。
 何気にギリまで畑なのがちょいのどか。後ろも貯水池のフェンスだし。文化財が居候みたくなってます。

 しかし、能勢町の解説板は内容も濃いですけど、ルビがふってるあるのがとてもありがたいですね。助かります。

地蔵一尊種子板碑(野間の建石) -豊能郡能勢町野間中-
地蔵一尊種子板碑(能勢町指定有形文化財) (2016-10)

地蔵一尊種子板碑(野間の建石) -豊能郡能勢町野間中-
別角度 (2016-10)

地蔵一尊種子板碑(野間の建石) -豊能郡能勢町野間中-
解説板 (2016-10)





能勢電鉄「妙見口駅」から約5.0km。
阪急バス「本滝口」から100m以内。

  • Comment:0
  • にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

Comments 0

Leave a reply

QR