すてまわり

一里塚跡 -守口市浜町-

一里塚跡 -守口市浜町-

一里塚跡 -守口市浜町-
一里塚跡 いちりづかあと
-守口市浜町- (2016-10)

 これは旅人の守口への目印。
 という甘目のキャッチコピーめいたものが付いた史跡です。

 一里塚は、徳川秀忠が五街道を整備した際、旅人がわかりやすくなるように一里ごとに目印となるような榎や松を植えたものだと言われています。
 こちらのはそれらの一里塚の中、守口にあったもので、京から京街道を歩んでくると、この西に守口宿があるということになります。
 なので、石碑の写真撮ってますけど、厳密にはその後ろの緑が一里塚(の跡)。

 レア神社探しにハマった友人が街中の大樹とか気になりだしたと言ってました(歴スポ探索なら基本)が、昔の旅人にとっても樹はよい目印になったようです。

一里塚跡 -守口市浜町-
石碑

一里塚跡 -守口市浜町-
お地蔵さん

一里塚跡 -守口市浜町-
説明板





地下鉄谷町線「守口駅」から約500m。
京阪本線「守口市駅」から約900m。

Comments 0

Leave a reply

QR