すてまわり

乳牛牧跡 -大阪市東淀川区大桐-

乳牛牧跡 -大阪市東淀川区大桐-

乳牛牧跡 -大阪市東淀川区大桐-
乳牛牧跡 ちゅうしまきあと
-大阪市東淀川区大桐- (2016-09)

 読みに捻りがありますが、字面から想像できるように乳牛を飼育していた場所の跡。
 だけど、平安時代のお話と言うことで少しびっくり。
 元は味原牧とも呼ばれていましたが、乳牛ということで乳牛牧と呼ばれることに。
 近代まで、乳牛牧小学校なんてのもあったそうです。
 やっぱ「ちち小」と呼ばれてたのでしょうか。

 小~中学生の頃の歴史解説や教科書に「蘇」や「酪」は出てきてましたね。
 そんな昔からチーズやヨーグルトっぽいものがあったんだってことでキャッチーなネタだったからでしょう。
 牛乳もあわせて、半分薬的な存在だったそうです。

 摂津にも鳥養牧があり、時代は変われど、菅原天満宮じゃ牛まわししてるし、多少記憶のある太田牧場や岡崎牧場も東淀川区の発祥。
 淀川右岸、牛だらけですね。
 現在からは想像もつきません。

乳牛牧跡 -大阪市東淀川区大桐-
石碑 (2016-09)

乳牛牧跡 -大阪市東淀川区大桐-
解説板 (2016-09)





地下鉄今里筋線「瑞光四丁目駅」から約700m。
地下鉄今里筋線「だいどう豊里駅」から約800m。

  • Comment:1
  • にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

Comments 1

たけちゃん  

見学してきました。
さいの神様から近く、訪ねました。
平安時代から牛乳が用いられていたのは、すごいです。説明板にもありましたが、牛信仰。今でも小学校では牛乳飲みますもんね。歴史は続いているような気がします。

2019/08/01 (Thu) 01:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

QR