すてまわり

江戸堀辨財天 -大阪市西区江戸堀-

江戸堀辨財天 -大阪市西区江戸堀-

江戸堀辨財天 -大阪市西区江戸堀-
江戸堀辨財天 えどぼりべんざいてん
-大阪市西区江戸堀- (2016-09)

 淡路徳島藩の稲田九郎兵衛さんが京町堀に大阪屋敷を設けた時に、洲本の弁財天から勧請されたのが始まり。
 廃藩置県になっても信仰厚く、祭祀も続けられていたそうで、1982年、江戸堀会館の新築に伴いこの地に遷座されてきました。

 お坊さんが「(社寺は)宗教家でもあるが経営者としての面も必要」と言われてるのも聞きますが、無くなる神社もある中、なにが決めてで生き残るかわかりませんね。
 物語に出てくるくらい歴史があるとか、街道沿いで立地が良いとか、信奉するパトロンが強いとか。
 神様世界も芸能界みたいなもんだなぁ。
 末永く祀られますようにって、どこかの神社にお参りしている神様もいるかもしれないですね。

江戸堀辨財天 -大阪市西区江戸堀-
鳥居 (2016-09)

江戸堀辨財天 -大阪市西区江戸堀-
お社 (2016-09)

江戸堀辨財天 -大阪市西区江戸堀-
由緒書 (2016-09)





地下鉄千日前線・中央線「阿波座駅」から約500m。
京阪中之島線「中之島駅」から約900m。

Comments 1

たけちゃん  

お参りさせていただきました。
手水舎はきれいにされていて、気持ちよく使わせていただきました。隣の建物が、きれいになっているのが理由か、由緒書は見当たりませんでした。

2019/07/13 (Sat) 23:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

QR