すてまわり

大坂船手会所跡 -大阪市西区川口-

大坂船手会所跡 -大阪市西区川口-

大坂船手会所跡 -大阪市西区川口-
大坂船手会所跡
おおさかふなてかいしょあと
-大阪市西区川口- (2019-04)

 とにかく色々ある(あった)西区木津川両側の史跡のひとつ。

 大坂船手は江戸幕府の役職。
 大阪湾から木津川・淀川への船舶の出入りを管理されていたそうです。
 1620年に設立され、1864年に廃されています。
 船の出入りを監視する船番所は、会所の北側と春日出・三軒家にあったそうな。
 また、船蔵が会所の脇と四貫島に存在したそうです。

 歴史の宝庫ですね。川口周辺。
 現在はほぼほぼ何も残ってないのが残念です。

大坂船手会所跡 -大阪市西区川口-
石碑 (2019-04)

大坂船手会所跡 -大阪市西区川口-
碑文 (2019-04)

大坂船手会所跡 -大阪市西区川口-
解説板 (2019-04)





地下鉄中央線・千日前線「阿波座駅」から約500m。

Comments 1

たけちゃん  

見学してきました。
木津川、淀川の船舶の管理とは、
大変な仕事だったと思います。
また、船手頭が代官を兼ねることもあったそうで、重要な役職だったのだと推測されます。

2019/08/18 (Sun) 21:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

QR