すてまわり

得長寿院跡 -京都市左京区岡崎徳成町-

得長寿院跡 -京都市左京区岡崎徳成町-

得長寿院跡 -京都市左京区岡崎徳成町-
得長寿院跡
とくちょうじゅいんあと
-京都市左京区岡崎徳成町- (2018-04)

 石碑1本ものシリーズ、つか、ほんとにポツンと石碑が建ってるのみです。
 解説板もございません。

 得長寿院は、1132年、鳥羽上皇の為に平忠盛が建立。
 三十三間の構造で千一体の観音像と、現存する蓮華王院(三十三間堂)と同規模の建築であり、モデルになったともいわれます。
 残念ながら、1185年、地震にて倒壊。その後、再建されることもありませんでした。

 今の三十三間堂を思い浮かべて、ここにもうひとつあったと思うとトキメキますね。
 残っていればな考えも浮かびますが、平家の盛期に建てられ、滅亡からほどなくして倒壊しているというということには、平家の盛衰が重なり歴史のロマンも感じますね。
 石碑1本ってのも似あってるか(解説されないとわからないけど)。

得長寿院跡 -京都市左京区岡崎徳成町-
石碑 (2018-04)





地下鉄東西線「東山駅」から約800m。
京阪本線「神宮丸太町駅」から約800m。

  • Comment:1
  • にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

Comments 1

たけちゃん  

記事拝見いたしました。49

2019/11/10 (Sun) 15:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

QR