すてまわり

水道発祥の地 -豊中市北桜塚-

水道発祥の地 -豊中市北桜塚-

水道発祥の地 -豊中市北桜塚-
水道発祥の地
すいどうはっしょうのち
-豊中市北桜塚- (2019-05)

 豊中水道局の正面玄関前にあります。
 水道発祥の地と大上段なネーミングですが、勿論、豊中市(豊中村)の水道ってことです。

 1923年、豊中村議会にて上 水道敷設の議題が出て、深井戸でいけんじゃねと結論。
 1927年に着手、1928年より通水が開始されました。
 現在、水道局のある場所がその井戸のあった第一水源地の跡だそうです。

 ちなみに今は淀川の水9割と猪名川の水1割だそうな。

 つか、なんか時々こういうとこに行く用事あるなら、マンホールカード貰っとけばよかったかなぁと今更。
 集めるまでは行かないけど、気楽な気分で。
 今からでも遅くはないか。

水道発祥の地 -豊中市北桜塚-
石碑 (2019-05)

水道発祥の地 -豊中市北桜塚-
碑文 (2019-05)





阪急宝塚線「豊中駅」から約900m。

  • Comment:1
  • にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

Comments 1

たけちゃん  

記事拝見いたしました。91

2019/11/12 (Tue) 17:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

QR