すてまわり

御獅子塚古墳 -豊中市南桜塚-

御獅子塚古墳 -豊中市南桜塚-

御獅子塚古墳 -豊中市南桜塚-
御獅子塚古墳
おししづかこふん
-豊中市南桜塚- (2018-04)

 桜塚古墳群生き残り5基のうちの1基。
 埴輪レプリカを並べたりキレイに整備された古墳なのですが、中には入れません。

 5世紀前半、墳丘長55m、後円部径35mで高さ4m、前方部幅40mで高さ3.5mの前方後円墳です。
 解説板の前方部高さが35mになってますが気にしないでおきましょうw
 周濠幅は約7mで深さ0.7m。現在は完全消滅しており、後円部の北側で輪郭は見れます。
 墳丘は2段築成で2段目斜面のみ葺石を施すという変わった姿。古墳西側がその再現なんでしょうね。

 東側の道路、西側の体育館とプール等で一部破壊されたものの、全般的によく残ったとも言えますね。
 しかし、ここまで整備されていてなぜ入れないんですかね?
 自分は見れたこととカタチがよくわかることで満足していますが、お金をかけてでっかいオブジェってことになりますよね。
 オトナの事情かな。

 こちらのすぐ北側、大塚公園には大塚古墳があります。
 そちらは墳丘登頂可能。
 公園とこちらの古墳の間の道は「はにわロード」らしいです。
 はにわロードは公園に沿って北へ折れちゃいますけど、逆に南へ少し行くとマニアしか楽しめなさそうな南天平塚古墳もあります。

御獅子塚古墳 -豊中市南桜塚-
北側 (2018-04)

御獅子塚古墳 -豊中市南桜塚-
北西側 (2018-04)

御獅子塚古墳 -豊中市南桜塚-
南東側 (2018-04)

御獅子塚古墳 -豊中市南桜塚-
石碑 (2018-04)

御獅子塚古墳 -豊中市南桜塚-
解説板 (2018-04)



wiki - 桜塚古墳群 (豊中市)



阪急宝塚線「岡町駅」から約800m。

  • Comment:0
  • にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
関連記事

Comments 0

Leave a reply

QR