すてまわり

収塚古墳 -堺市堺区百舌鳥夕雲町-

収塚古墳 -堺市堺区百舌鳥夕雲町-

収塚古墳 -堺市堺区百舌鳥夕雲町-
収塚古墳
おさめづかこふん
-堺市堺区百舌鳥夕雲町- (2019-04)

 長かった仁徳天皇陵(大仙陵古墳)の陪冢紹介のラスト。
 うちでは最後だけど、百舌鳥駅直近なんで、ここを最初に廻る人も多いかも。

 古墳時代(5世紀中頃)、現状は墳丘径42mで高さ4.2mの後円部のみ残り円墳にも見えますが、元は周濠をもった墳丘長59mの帆立貝形前方後円墳です。
 前述の通り、仁徳天皇陵の陪冢のひとつと考えられております。

 近年、整備されまして西側から南側が広場になっており、地面の色を変えて前方部と周濠を示してくれています。
 非常に嬉しいというか、的確で素晴らしい公園化ですね。
 後円部の広場側はフェンスでなくロープを張った杭であることも、見やすくてステキ。
 こんないい整備、なかなか見られないかもw

 なんですが、東側の道は、仁徳天皇陵外周の歩道で、例の斜めレンガで周濠を示してくれております。
 先代の整備ですね。全然、気が付いてなかったよw
 その南側の方、広場と歩道で目に見えてラインがズレてるのがポイント。
 これは異なる時期の調査結果で示した為で、当然、広場側が新しい結果を基にしております。
 と思うと、大きさを多少違って考えられていたのもこの古墳の歴史のうちですし、それがわかるってことに斜めレンガの価値を感じます。
 なんで、今からでも色変えてもう少し目立たせられないですかねw

収塚古墳 -堺市堺区百舌鳥夕雲町-
南側 (2019-04)

収塚古墳 -堺市堺区百舌鳥夕雲町-
墳丘ちょいアップ (2019-04)

収塚古墳 -堺市堺区百舌鳥夕雲町-
西側 (2019-04)

収塚古墳 -堺市堺区百舌鳥夕雲町-
前方部を示すレンガ (2019-04)

収塚古墳 -堺市堺区百舌鳥夕雲町-
石標 (2019-04)

収塚古墳 -堺市堺区百舌鳥夕雲町-
石碑 (2019-04)

収塚古墳 -堺市堺区百舌鳥夕雲町-
解説板 (2019-04)



wiki - 収塚古墳



JR阪和線「百舌鳥駅」から約100m。
JR阪和線・南海高野線「三国ヶ丘駅」から約900m。

Comments 0

Leave a reply

QR