すてまわり

源右衛門山古墳(仁徳天皇陵陪塚ち号飛地) -堺市堺区向陵西町-

源右衛門山古墳(仁徳天皇陵陪塚ち号飛地) -堺市堺区向陵西町-

源右衛門山古墳(仁徳天皇陵陪塚ち号飛地) -堺市堺区向陵西町-
源右衛門山古墳(仁徳天皇陵陪塚ち号飛地)
げんえもんやまこふん(にんとくてんのうりょうばいちょうちごうとびち)
-堺市堺区向陵西町- (2019-04)

 拝所南から時計回りに紹介してきた仁徳天皇陵(大仙陵古墳)の陪冢。
 陵内にあるってことで跳ばした樋の谷古墳と同じく、永山古墳から来て茶山古墳大安寺山古墳を飛ばしております。
 旅程記事じゃないし、後から見れば「いろは」と「甲乙丙」が並んでる方がいいかなぁって。

 5世紀中頃、墳丘径34mで高さ5.4mの円墳です。
 完全に消失しておりますが幅5mで深さ1.8mの周濠が巡っていたようです。
 宮内庁により仁徳天皇陵の陪冢として管理。

 基本、西側と北側から見れますが、月極駐車場越しなら東側も見ることは可能。
 解説板によると溝の位置は道路の舗装の色を変えて示しているとのこと。
 どこぞの古墳の記事で、そんな感じの事やってよーと書いておきながら気付きませんでした。
 心の中で謝りつつ、航空写真確認、なるほどわからん。
 以前撮った古い解説板が読めたので見ると、ブロックの組み合わせを変えて表示してありますとのこと。
 なるほどわからん。
 他の方の記事で見て、ストリートビューで確認して、やっとわかりました。
 西側の道路に斜めに敷かれたレンガが2箇所あることを。
 おおおおお。
 ちょけて書いてますけど、こういうのホント嬉しいんですよ。気付かないのは自分が無能なせいです。

源右衛門山古墳(仁徳天皇陵陪塚ち号飛地) -堺市堺区向陵西町-
北から (2019-04)

源右衛門山古墳(仁徳天皇陵陪塚ち号飛地) -堺市堺区向陵西町-
西から (2014-12)

源右衛門山古墳(仁徳天皇陵陪塚ち号飛地) -堺市堺区向陵西町-
南西から (2019-04)

源右衛門山古墳(仁徳天皇陵陪塚ち号飛地) -堺市堺区向陵西町-
解説板 (2019-04)





JR阪和線・南海高野線「三国ヶ丘駅」から約200m。
JR阪和線・南海高野線「百舌鳥駅」から約900m。

Comments 0

Leave a reply

QR