すてまわり

丸保山古墳(仁徳天皇陵陪塚へ号飛地) -堺市堺区北丸保園-

丸保山古墳(仁徳天皇陵陪塚へ号飛地) -堺市堺区北丸保園-

丸保山古墳(仁徳天皇陵陪塚へ号飛地) -堺市堺区北丸保園-
丸保山古墳(仁徳天皇陵陪塚へ号飛地)
まるほやまこふん(にんとくてんのうりょうばいづかhごうとびち)
-堺市堺区北丸保園- (2019-04)

 仁徳天皇陵(大仙陵古墳)の北西角辺り。三重濠沿いからは道1本離れた場所です。

 古墳時代(5世紀後半)、墳丘長約87m、後円部径約60mで高さ約9.8m、前方部幅約40mで高さ約2.7mの帆立貝形前方後円墳です。
 水薄めの周濠が巡っております。
 前方部がぺちゃんこなのは、1955年の開墾の結果。
 宮内庁により仁徳天皇陵陪冢して後円部が管理され、前方部と周濠は堺市が管理で国の史跡となっています。
 しかし、よく生き残ったな前方部。

 水が薄めなのが残念ですが、あんまり貯めると前方部が沈んでしまいそうですねw
 カタチのよく残った古墳で、後円部の丸みと前方部の角みが楽しめます。
 帆立貝形だからくびれはあんまりなんだよねぇ。

 南西角にはちょっと変わった小社の八丈神社も鎮座。
 東側には仁徳天皇陵と挟まる感じでラブ……ゲフンゲフン。

丸保山古墳(仁徳天皇陵陪塚へ号飛地) -堺市堺区北丸保園-
南東部 (2019-04)

丸保山古墳(仁徳天皇陵陪塚へ号飛地) -堺市堺区北丸保園-
南東側から後円部 (2019-04)

丸保山古墳(仁徳天皇陵陪塚へ号飛地) -堺市堺区北丸保園-
東側 (2019-04)

丸保山古墳(仁徳天皇陵陪塚へ号飛地) -堺市堺区北丸保園-
北東部 (2014-12)

丸保山古墳(仁徳天皇陵陪塚へ号飛地) -堺市堺区北丸保園-
北西部 (2019-04)

丸保山古墳(仁徳天皇陵陪塚へ号飛地) -堺市堺区北丸保園-
西から後円部 (2019-04)

丸保山古墳(仁徳天皇陵陪塚へ号飛地) -堺市堺区北丸保園-
西から前方部 (2019-04)

丸保山古墳(仁徳天皇陵陪塚へ号飛地) -堺市堺区北丸保園-
南西部 (2014-12)

丸保山古墳(仁徳天皇陵陪塚へ号飛地) -堺市堺区北丸保園-
石碑 (2019-04)



wiki - 丸保山古墳



JR阪和線・南海高野線「三国ヶ丘駅」から約900m。
南海高野線「堺東駅」から約1.1km。

Comments 0

Leave a reply

QR