すてまわり

菰山塚古墳(仁徳天皇陵陪塚ほ号飛地) -堺市堺区南丸保園-

菰山塚古墳(仁徳天皇陵陪塚ほ号飛地) -堺市堺区南丸保園-

菰山塚古墳(仁徳天皇陵陪塚ほ号飛地) -堺市堺区南丸保園-
菰山塚古墳(仁徳天皇陵陪塚ほ号飛地)
こもやまづかこふん(にんとくてんのうりょうばいづかほごうとびち)
-堺市堺区南丸保園- (2019-04)

 拝所の南側から時計回りに紹介してきた仁徳天皇陵(大仙陵古墳)の陪冢ですが、銅亀山古墳からひとつ(樋の谷古墳)をとばして、こちらに行きます。
 なんか、御陵内の陪冢は甲乙丙号になるっぽいうえ、逆回りのネーミングなんでそーしました。
 うちのブログはいちおデータベース系なんで、あんま関係ないけどね。

 5世紀中頃、帆立貝型前方後円墳です。
 ここは大仙陵古墳からほんの少し入った位置になり、住宅街。
 墳丘の損傷甚だしく、現在の墳丘長は33mで高さ4mとなっております。
 前方部が南に向いていたようですね。
 1730年の絵図では、一部周濠の残る帆立貝型前方後円墳と描かれているそうです。
 宮内庁により仁徳天皇陵の陪冢として管理されております。

 まぁ、形状の損壊は悲しいですが、とりあえず残ってるってことで。
 こういうのでいいんだよ。自分の中では、そういう気持ちもあります。
 だって自分は古墳を見たんだから。

 石碑とか解説板付けてくれてる前提でね!

菰山塚古墳(仁徳天皇陵陪塚ほ号飛地) -堺市堺区南丸保園-
北側 (2019-04)

菰山塚古墳(仁徳天皇陵陪塚ほ号飛地) -堺市堺区南丸保園-
北西側 (2019-04)

菰山塚古墳(仁徳天皇陵陪塚ほ号飛地) -堺市堺区南丸保園-
南西側 (2019-04)

菰山塚古墳(仁徳天皇陵陪塚ほ号飛地) -堺市堺区南丸保園-
南西側ちょい引き (2019-04)

菰山塚古墳(仁徳天皇陵陪塚ほ号飛地) -堺市堺区南丸保園-
石標 (2019-04)

菰山塚古墳(仁徳天皇陵陪塚ほ号飛地) -堺市堺区南丸保園-
解説板 (2019-04)





JR阪和線・南海高野線「三国ヶ丘駅」から約1.0km。
南海高野線「堺東駅」から約1.0km。
南海バス「永山園」から約300m。
南海バス「一条通」から約400~700m。
南海バス「賑町」から約700m。

Comments 0

Leave a reply

QR