すてまわり

銅亀山古墳(仁徳天皇陵陪塚に号飛地) -堺市堺区大仙町-

銅亀山古墳(仁徳天皇陵陪塚に号飛地) -堺市堺区大仙町-

銅亀山古墳(仁徳天皇陵陪塚に号飛地) -堺市堺区大仙町-
銅亀山古墳(仁徳天皇陵陪塚に号飛地)
どうがめやまこふん(にんとくてんのうりょうばいづかにごうとびち)
-堺市堺区大仙町- (2014-12)

 仁徳天皇陵(大仙陵古墳)の外周南東角近くにある古墳。
 古くは堂亀山とも記されたそうな。

 5世紀中頃、一辺が26m以上で高さ5.4mの方墳です。
 宮内庁により仁徳天皇陵の陪冢として管理されております。
 状態は良好で2段築成がよく残っていますが、発掘調査で東側の濠が確認され南側にはないことから、造り出し等のつく可能性があるそう。
 また、墳頂にはかつて陸軍の高射砲が設置されたそうで、埋葬関係は破壊されてるようです。

 元は大阪女子大学のキャンパス内だったようですね。
 その当時より訪れやすくなったってことでしょうか。

銅亀山古墳(仁徳天皇陵陪塚に号飛地) -堺市堺区大仙町-
南部 (2019-04)

銅亀山古墳(仁徳天皇陵陪塚に号飛地) -堺市堺区大仙町-
南東部 (2019-04)

銅亀山古墳(仁徳天皇陵陪塚に号飛地) -堺市堺区大仙町-
北東部 (2019-04)

銅亀山古墳(仁徳天皇陵陪塚に号飛地) -堺市堺区大仙町-
石標 (2019-04)

銅亀山古墳(仁徳天皇陵陪塚に号飛地) -堺市堺区大仙町-
石碑 (2019-04)

銅亀山古墳(仁徳天皇陵陪塚に号飛地) -堺市堺区大仙町-
解説板 (2019-04)



wiki - 銅亀山古墳



JR阪和線「百舌鳥駅」から約800m。

Comments 0

Leave a reply

QR