すてまわり

宝塚神社 -宝塚市社町-

宝塚神社 -宝塚市社町-

宝塚神社 -宝塚市社町-
宝塚神社
たからづかじんじゃ
-宝塚市社町- (2017-05)

 社名で宝塚駅を想像してしまいそうですが、小林駅と逆瀬川駅の中間に鎮座。
 少しだけ離れた南東側に一の鳥居があります。
 その側に金毘羅社がありますので取り逃し注意。
 そこから踏切を越えると(石祠もありますが)けっこーな坂道が見えて精神にダメージを受けます。
 登って折れてまだ続く坂道で体力にもダメージ受けてメイン境内に到着。
 まぁ、この日は車だったんですけどね。ラッキー。

 創建年代等不詳ながら、隣接する平林寺の837年作の仏像の記録から同年代の建立かと考えられています。
 明治までは山王権現と称し、廃仏毀釈で日吉神社に改称。
 1965年、小林の素盞嗚神社を合祀し、現社名となりました。
 余談ですが境内由緒書の「ノッポビル」って言葉がかわゆいです。
 御祭神は、大山祇尊・素盞嗚尊。

 えびす大祭は多くの人で賑わうそうです。あの坂を登り降りするのかぁ。
 だんじりもあるそうです。あの坂を登り降りするのかぁ。
 と、坂が気になって仕方ありませんが、その分、眺めも良いですね。
 自分は高い場所に行くと「絶景だな!」よりも「なんかえらいとこ来たなぁ」と思う変な人なんで、初日の出のビュースポット(東向きなんで)と聞いても、あの坂を登り降りするのかぁ、という感想ですw

 面白いのが、夫婦和合・子授けの石ですね。
 塞の神に男児出産御礼に寄進された石柱とのことですが、説明板に男根と書かれております。
 女石の方は、ふたでわかりませんけど、イラストを見るとハートの穴のようです。ハートかよ、かわゆいなぁw
 うちでいうちんまん、一般的な陰陽石とはまた違うとしても、謂れ石はいいものですね。

 御朱印には、えべっさんが描かれていて、これがまたかわゆすです。
 なんだか、かわゆい部分が多い神社ですねw

宝塚神社 -宝塚市社町-
一の鳥居 (2017-05)

宝塚神社 -宝塚市社町-
金毘羅社 (2017-05)

宝塚神社 -宝塚市社町-
石祠 (2017-05)

宝塚神社 -宝塚市社町-
二の鳥居 (2017-05)

宝塚神社 -宝塚市社町- 宝塚神社 -宝塚市社町-
二の鳥居前の狛犬 (2017-05)

宝塚神社 -宝塚市社町-
拝殿 (2017-05)

宝塚神社 -宝塚市社町- 宝塚神社 -宝塚市社町-
拝殿前の狛犬 (2017-05)

宝塚神社 -宝塚市社町-
本殿 (2017-05)

宝塚神社 -宝塚市社町-
天満神社 (2017-05)

宝塚神社 -宝塚市社町-
撫で牛 (2017-05)

宝塚神社 -宝塚市社町-
宝塚恵比須社の鳥居 (2017-05)

宝塚神社 -宝塚市社町- 宝塚神社 -宝塚市社町-
宝塚恵比須社の狛犬 (2017-05)

宝塚神社 -宝塚市社町-
宝塚恵比須社 (2017-05)

宝塚神社 -宝塚市社町-
宝塚恵比須社の由緒書 (2017-05)

宝塚神社 -宝塚市社町-
八幡社 (2017-05)

宝塚神社 -宝塚市社町-
塞神社 (2017-05)

宝塚神社 -宝塚市社町-
夫婦和合・子授けの石 (2017-05)

宝塚神社 -宝塚市社町-
夫婦和合・子授けの石の説明板 (2017-05)

宝塚神社 -宝塚市社町-
三社(伊勢神宮・住吉神社・春日神社) (2017-05)

宝塚神社 -宝塚市社町-
愛宕社 (2017-05)

宝塚神社 -宝塚市社町-
大神社 (2017-05)

宝塚神社 -宝塚市社町-
震災碑 (2017-05)

宝塚神社 -宝塚市社町-
北側の鳥居 (2017-05)

宝塚神社 -宝塚市社町- 宝塚神社 -宝塚市社町-
北側の鳥居脇の狛犬 (2017-05)

宝塚神社 -宝塚市社町-
あんまり天気良くなかったけど境内からの景色 (2017-05)

宝塚神社 -宝塚市社町-
由緒書 (2017-05)

宝塚神社 -宝塚市社町-
御朱印



公式 - 宝塚神社
wiki - 宝塚神社



阪急今津線「小林駅」「逆瀬川駅」から約600m。

Comments 0

Leave a reply

QR