すてまわり

七観音古墳 -堺市堺区旭ヶ丘北町-

七観音古墳 -堺市堺区旭ヶ丘北町-

七観音古墳 -堺市堺区旭ヶ丘北町-
七観音古墳
しちかんのんこふん
-堺市堺区旭ヶ丘北町- (2019-04)

 よく知られていることですが、古墳の中には擬態する種が存在します。
 ミカン畑などというのは代表例でしょうか。
 直近の例がありました正楽寺山古墳のように、ちょっとした林っぽい公園等では「単なる高低差」にしか見えなかったりします。
 そのお隣のドンチャ山古墳も築山というよく見る判例に含まれそうです。
 また、クナイチョウやシセキシテイの力を借りて住宅地等で生存する種は、よく「ちょっと畝の高い分譲地」に擬態しております。
 中には、安積親王陵墓(太鼓山古墳)のように茶畑のフリをしてあまり上手じゃない例もありますが、こちら七観音古墳は、見事なまでの擬態を披露してくれています。

 古墳時代(5世紀前半)、墳丘径32.5mの円墳です。
 墳丘周りの土留めは、本来の形状とは異なるよう。
 周濠は確認されていませんが、履中天皇陵(上石津ミサンザイ古墳)の外濠(現存せず)沿いに存在することから、陪冢と考えられています。

 北西直近の七観山古墳に名前が似ているということは、擬態上手のこの古墳にとってささいなことでしかありません。
 そのキレイな円形そのものが、築山もしくは花壇にしか見えないのです。
 外周の写真を撮ろうものなら、途中でやめちゃうくらいにただただ丸い段なのです。
 また、大仙公園の南側入口を入ったところというポジショニングも完璧で、古墳名を書いた石碑ではなく、公園名を書いたプレートが置かれてないことに違和感を感じるほど。
 しかし、七観音古墳の擬態の真骨頂は、これからです。
 すてまわりではカメラに収めることができておりませんが、季節になると植えられたツツジが花開きます。
 それはもう花壇です。誰がこれを古墳だと思うのでしょうか。

 皆様、大仙公園へお越しの際には、是非、その華麗な擬態をお楽しみください。
 くれぐれも見逃さぬよう。また、全然関係のない築山をそうだと思い込まないようお気をつけ下さい(石碑も案内板もあるけどねw)。

 自分が行った時には、ポケモンGO勢に取り囲まれておりました。
 彼らは(ゲーム内でスポットの名前が出てるので)擬態に惑わされ難い種ですw

七観音古墳 -堺市堺区旭ヶ丘北町-
南西から (2019-04)

七観音古墳 -堺市堺区旭ヶ丘北町-
西から (2019-04)

七観音古墳 -堺市堺区旭ヶ丘北町-
北から (2019-04)

七観音古墳 -堺市堺区旭ヶ丘北町-
南から (2014-12)

七観音古墳 -堺市堺区旭ヶ丘北町-
石標 (2019-04)

七観音古墳 -堺市堺区旭ヶ丘北町-
石碑 (2019-04)

七観音古墳 -堺市堺区旭ヶ丘北町-
解説板 (2019-04)





JR阪和線「百舌鳥駅」から約900m。
JR阪和線「上野芝駅」から約1.0km。

Comments 0

Leave a reply

QR