すてまわり

東山神社 -加賀市山中温泉東町-

東山神社 -加賀市山中温泉東町-

東山神社 -加賀市山中温泉東町-
東山神社
ひがしやまじんじゃ
-加賀市山中温泉東町- (2018-08)

 山中温泉の観光の目玉である渓谷。
 その大聖寺川、芭蕉堂のトコロに一の鳥居と由緒書が建っております。

 騙されてはいけません(誰も騙してはいない)。

 そこから登ります。
 一応、モルタルで固めてる道を上ります。
 そりゃ、めちゃくちゃキツいってなことはありませんよ。
 でも、温泉気分でフワフワしてるよな人だと後悔するくらいにはしんどいですw

 1908年、越前国大河内村にて惟喬親王が祀られ木地師の祖神であることを知った木地屋沢出万吉さん。
 感激の余り自費にて親王の石像を建立して祀る。
 その後、堂宇を建立し、西宮大神(恵比寿神)と虚空蔵菩薩を合祀して、1911年、東山神社と称しました。
 御祭神は、惟喬親王・西宮大神・虚空蔵菩薩。

 って、そんな新しい神社だったのかよー、と今更。
 ちゃんと雰囲気のある良い神社でいたけどね。
 上るだけあって、途中、眺めも良いです。
 谷の逆側から見たのと比べて、逆から見てるだけでしたがw

 御朱印は、白山神社(白山町)でいただけます。
 自分はこちらも参拝予定ながら社名を失念してまして、
 粉石「行けるとこなら御朱印いただきたいんですが、遠いですか?」
 神職「いやぁ、遠くはないんですが上るんで、どうですかねぇ」
 みたいな風の会話をいたしました。
 てっきり車必須の場所かと思えば、うん、近いです。でも、ふつーの観光客は行かないでしょうねw
 先に言ったように予定には入ってたので、御朱印いただいておいてよかったってのは結果論。

 と言うか、山中温泉は谷間です。
 んで、先程の白山神社は片側の高い位置、こちらの東山神社はもう一方の高い位置にあるんですよね。
 山中温泉郷の中心である谷間の底的な部分で宿を取ると、神社巡りにしても御朱印集めにしても、白山神社へ上り下り、東山神社へ上り下りなりますね。

 若さがいりますよっ!

東山神社 -加賀市山中温泉東町-
一の鳥居 (2018-08)

東山神社 -加賀市山中温泉東町-
こんな道を行きます (2018-08)

東山神社 -加賀市山中温泉東町-
二の鳥居 (2018-08)

東山神社 -加賀市山中温泉東町-
拝殿 (2018-08)

東山神社 -加賀市山中温泉東町-
本殿 (2018-08)

東山神社 -加賀市山中温泉東町-
由緒書 (2018-08)

東山神社 -加賀市山中温泉東町-
御朱印





JR北陸本線「加賀温泉駅」から約9.3km。
加賀温泉バス「山中温泉」から約300m。

Comments 0

Leave a reply

QR