すてまわり

西嶋天満宮 -明石市大久保町西島-

西嶋天満宮 -明石市大久保町西島-

西嶋天満宮 -明石市大久保町西島-
西嶋天満宮
にしじまてんまんぐう
-明石市大久保町西島- (2019-03)

 現時点、Googleマップに出てこなくて、小さい神社なんだろなという想像はしていたけど、それなりに敷地あるし、どんなのだろ。
 みたいなノリで、立て看板のトコロから境内に侵入。
 何もない? え? え?
 で横を見てみたら小さなお社が建っておりました。
 思ってたのと向きが逆だったのね。途切れた参道の先に何もないので焦りましたよ。
 これが戦場なら、自分はやられていたということです。ミッチーに。

 創建年代等不詳ながら、享保年間(1716~1736年)に作成された「明石記」には恵比寿宮と並んで天満宮の記載があることから、それ以前と考えられております。
 卜部家が勧請し、敷地内に祀ったともいわれます。
 昭和の初期に、卜部邸もしくは隣地から鳥居とお社を遷されたようですね。
 御祭神は、菅原道真。

 途中まで延びるコンクリの参道が物悲しいですけど、昔は南側にも道があったそうです(今は北からのみなので冒頭みたくなる)。
 お社は近年改築されていますが、鳥居は崩壊したままですね。
 護持ってのも色々難しいでしょうから、今後がちょっと心配な神社ではあります。
 幹線道路沿いで欲しい企業いくらでもいそうな土地ですし。

 と考えつつも、境内はキレイに整えられていますし、樹木もちゃんと手入れされているのが見て取れます。
 誰かがやってくれてるわけです。
 このまま末永く祀られていくといいですね。

西嶋天満宮 -明石市大久保町西島-
お社 (2019-03)

西嶋天満宮 -明石市大久保町西島-
社頭 (2019-03)





山陽電鉄本線「西江井ヶ島駅」から約200m。

Comments 0

Leave a reply

QR