大物主神社 -尼崎市大物町-
大物主神社
おおものぬしじんじゃ
-尼崎市大物町- (2017-06)

 地名で駅名の大物(だいもつ)は、こちらの神社由来で付いたのかと思ってたら、木や石の大きな材料が集まる場所だったからだそうです(諸説あり)。
 神崎川~武庫川間では最も海抜が高い場所に鎮座します。

 創建年代は不詳。かつていくつかあった三角州のひとつに大物主命の社を建てたのが始まりとのこと。
 1159年に平清盛が厳島神社から市杵島姫命を勧請し合祀されています。
 江戸時代までは「大物社」「大物若宮」「若宮社」「若宮弁財天」などの呼称があり、明治になって現社名となりました。
 御祭神は、主祭神が大物主大神(大国主命)で宗像三柱神の市杵島姫命・田心姫命・湍津姫命を配祀。

 拝殿脇に義経弁慶隠家跡の石碑がありますが、源義経が西国に逃げる際、付近に逗留したといわれています。

 松本家の休日じゃないですけど、観光客的に大物ってなにがあるのかなぁって地域なんですけど、かつては陸海の要所だったみたいですね。
 つか、大物川の跡地らしい大物川緑地のグネリっぷりが地図で見てて面白いです。
 つかつか、大仏公園ってD51が置かれてるんですね。機会があれば見に行こーっと。

大物主神社 -尼崎市大物町-
鳥居 (2017-06)

大物主神社 -尼崎市大物町-
拝殿 (2017-06)

大物主神社 -尼崎市大物町-  大物主神社 -尼崎市大物町-
狛犬 (2017-06)

大物主神社 -尼崎市大物町-
本殿 (2017-06)

大物主神社 -尼崎市大物町-
義経弁慶隠家跡碑 (2017-06)

大物主神社 -尼崎市大物町-
義経弁慶隠家跡碑の解説板 (2017-06)

大物主神社 -尼崎市大物町-
汁醤油発祥之地碑 (2017-06)

大物主神社 -尼崎市大物町-
由緒書 (2017-06)



wiki - 大物主神社



阪神本線・なんば線「大物駅」から約200m。
阪神本線・なんば線「尼崎駅」から約900m。



コメント

  1. 運転手 | -

    D51てSLのことかえw?2号線から見えるとこに停まってて高校生カップルがよくイチャついてるw

    ( 20:40 )

  2. 粉石 | -

    Re: タイトルなし

     そそ、SL。
     鉄にはなれなかったが鉄道嫌いじゃないので、素人でも安易に喜べるものは見ときたいw

    ( 22:26 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)