天龍神社 -尼崎市玄番北之町-
天龍神社
てんりゅうじんじゃ
-尼崎市玄番北之町- (2017-06)

 今でも元気と活気のある阪神尼崎の商店街に鎮座します。
 だいたいの地図には出てくるはずで、神社巡ラーにも有名なんですが……

 戦後、闇市として栄え、そのまま商店街になっていったこの辺り。
 それ以前より、水路に3本の松があって、そこには白龍(ミイサン)が棲まわれていたそうです。
 1949年、当時の組合長池田清一さんにより、その白龍をお祀りする神社として創建されています。

 鎮座地は商店街の建物の裏側。
 偶然の出会いを求めるタイプだとまず通ることはなく、知っていてもアクセスルートが非常にわかり難い場所だったりします。

 2つのルート。
 まず、南からルートは5番街のお店とお店の間の路地を抜けます。
 写真載せてますが、それはお店が閉店後。日中だと陳列棚で余計に見難くなってます。
 ついでに言うと向かいの路地は、散歩好きなら入りたくなる雰囲気ながら私有地なんで立ち入り禁止との警告。
 心理的トラップです。
 そして西からルート。
 6番街から行き、南よりかは多少オープンかつ「天龍神社←」なんて小さな貼り紙もあるんですけど、工事柵が並んでいるその間です。
 フツーの感覚なら工事現場には入らないと思います。
 こちらもまた心理的トラップ。

 ってなわけで計画的に狙って行く必要のある神社ですw
 いちお、公衆トイレの建物はあるんですけどね。位置的にはすぐ東(三和本通商店街)の来恋夢神社にお手洗いあったと思うんで、確認はしてませんが今は使用してないんじゃないでしょうか。
 下関係の急なトラブルでトイレに駆け込んだらレア小社発見みたいなのは、なかなか楽しそうですけど。

 あと社会に貢献するすてまわりとしては、南ルートに書かれた注意書きを皆様にお知らせしておきたいと思います。
「ヒビがひどくなってるので大きい荷車は他の道を通ってください」
 大きいのは通れなさそうな狭さですし、荷車とはなんぞやと思いますけど、ちゃんと守りましょう。
 揚げ足取りでスミマセンw でもそんなツッコミがたくさんできる街、それが尼崎です。

天龍神社 -尼崎市玄番北之町-
鳥居 (2017-06)

天龍神社 -尼崎市玄番北之町-
お社 (2017-06)

天龍神社 -尼崎市玄番北之町-
由来 (2017-06)

天龍神社 -尼崎市玄番北之町-
南側入口 (2017-06)





阪神本線「出屋敷駅」から約500m。
阪神本線・なんば線「尼崎駅」から約800m。



コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)