東武庫須佐男神社 -尼崎市武庫元町-
東武庫須佐男神社
ひがしむこすさのおじんじゃ
-尼崎市武庫元町- (2017-06)

 尼崎にはスサノオ神社が多いです。
 こちら東武庫須佐男神社の西わずか300mくらいの場所に西武庫須佐男神社も鎮座します。
 地名付いてるだけいいですけど、ほんにややこしい。

 永保年間(1081~1083年)に京都祇園社より分霊を勧請したのが始まりだと伝わります。
 ちなみに西武庫も同じような由緒のようです。
 阪神大震災(1995年)では大きな被害が出ましたが、1997年、復興されました。
 御祭神は、須佐男命。

 西は広々とした境内ですが、こちらはシンプル系どノーマルな神社です。
 しかし、この東西の須佐男神社は、意図的に勧請建立されたのですかね?
 同じ村だったのか、隣り合わせの村が「どーせならおめぇんとこもどうだべ」とか「ヤベっ隣のやつら神社立てやがった。うちもすぐに建てにゃ」とかだったのか。
 大きな圧力の結果だったりとか。
 答えが出てるんでしょうか。尼崎にスサノオ神社が多い理由も含めて、ちょっと気になります。

東武庫須佐男神社 -尼崎市武庫元町-
鳥居 (2017-06)

東武庫須佐男神社 -尼崎市武庫元町-
拝殿 (2017-06)

東武庫須佐男神社 -尼崎市武庫元町-  東武庫須佐男神社 -尼崎市武庫元町-
狛犬 (2017-06)

東武庫須佐男神社 -尼崎市武庫元町-
本殿 (2017-06)

東武庫須佐男神社 -尼崎市武庫元町-
稲荷社の鳥居 (2017-06)

東武庫須佐男神社 -尼崎市武庫元町-
稲荷社 (2017-06)

東武庫須佐男神社 -尼崎市武庫元町-
愛宕社 (2017-06)

東武庫須佐男神社 -尼崎市武庫元町-
震災のモニュメント (2017-06)





阪急神戸線「武庫之荘駅」から約1.3km。
市バス「武庫元町」から約300m。
市バス「西武庫公園」から約400m。
市バス「西武庫」から約500m。



コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)