吉野神社跡地 -東大阪市加納-
吉野神社跡地
よしのじんじゃあとち
-東大阪市加納- (2016-04)

 清々しいまでに石碑1本モノな神社跡です。
 道が曲がっている場所の小さな三角コーナーに建てられています。

 明治になって吉野神社は、宇波神社に合祀されています。

 その宇波神社も近いんですよね、そのまま道を北へで200mちょい。
 ちょっと復社は想像つきません。
 旧社地もそのままや公園形態で残っているわけじゃないですしね。
 となると、どんな思いでこの石碑を建てられたのだろうと興味が湧いてきます。
 土台の石に比べて石碑は新しく見えますが、二代目だったりするかもしれません。
 解説板などのアピ要素は無し。
 なんらかの思い出が詰まる神社だったのでしょうか。

 真の理由は不明ですが、個人的には、石碑1本「ココにあったよ」の意味や意義はあると思います。

吉野神社跡地 -東大阪市加納-
石碑 (2017-05)





JR片町線「住道駅」から約1.6km。
近鉄けいはんな線「吉田駅」から約1.8km。
近鉄バス「加納三丁目」から約300m。
近鉄バス「加納」から約700m。



コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)