どんどろ大師 善福寺 -大阪市天王寺区空堀町-
どんどろ大師 善福寺
どんどろたいし ぜんぷくじ
-大阪市天王寺区空堀町- (2016-07)

 山号は如意山、院号は甘露院、宗派は高野山真言宗です。
 心眼寺坂の登り口に位置し、正確にはどんどろ大師と善福寺は別のお寺であったのですが、継承するカタチで現在はどんどろ大師善福寺となっております。

 そのどんどろ大師であったのは、鏡如庵大師堂。
 1752年、大坂夏の陣の戦死者を弔うために創建されています。
 冬の陣では真田丸が築かれた付近でもあり、双戦ともに激戦区となった場所でした。
 どんどろ大師の名前の由来ははっきりとはしないものの、大坂城代だった土井利位がこちらの弘法大師に深く帰依し参拝されていたので「土井殿の大師」と呼ばれ、それが訛ったという説があります。
 しかし、1873年に廃庵、1879年に鏡如寺と改めて再興されますがじきに廃寺となってしまいました。

 善福寺は、豊能郡豊能町にあったお寺で聖徳太子の創建と伝わっています。
 往時は広大な境内と多くの堂宇が存在したようですが、明治時代には寺勢も衰え、1909年、現在地に移転され、どんどろ大師を継承されました。
 御本尊は薬師如来でありましたが、空襲で焼失したのを機に弘法大師となっております。

 かつての鏡如庵は、歌舞伎「傾城阿波の鳴門」の「どんどろ大師 門前の場」の舞台であるとして、山門前に登場人物のお弓とおつるの像が設置されています。

 敷地をめいっぱい有効活用されたお寺ですね。ムダがないです。
 街中寺院は入っていいのか迷うパターンが多いですけど、こちらはちゃんと詣でることが可能。
 本堂前の階段で2階に上がると御本尊がおられて、御朱印や授与品もこちらでいただけます。

 御朱印は、こちらで紹介する「どんどろ大師」バージョンの他に「勝軍地蔵尊」バージョンもあるみたいです。
 しかし、勝軍地蔵さんは、ほんとに(よくあるイメージの)地蔵感がないですねぇ。
 お名前の通り強そうです。

どんどろ大師 善福寺 -大阪市天王寺区空堀町-
石仏コーナー (2016-07)

どんどろ大師 善福寺 -大阪市天王寺区空堀町-
大師堂 (2016-07)

どんどろ大師 善福寺 -大阪市天王寺区空堀町-
勝軍地蔵尊 (2016-07)

どんどろ大師 善福寺 -大阪市天王寺区空堀町-
お弓とおつるの像 (2014-04)

どんどろ大師 善福寺 -大阪市天王寺区空堀町-
お弓とおつるの像の解説板 (2016-07)

どんどろ大師 善福寺 -大阪市天王寺区空堀町-
御朱印



wiki - 善福寺 (大阪市)



地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」から約400m。
JR大阪環状線「玉造駅」から約600m。



コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)