友行須佐男神社 -尼崎市武庫之荘-
友行須佐男神社 ともゆきすさのおじんじゃ
-尼崎市武庫之荘- (2016-12)

 鳥居の向きで言うと時友神社と背中合わせに鎮座します。
 下調べ無しにGoogleマップ頼りに廻ってると時友神社だけになりそうで、駅のある側の南から歩いてくるとこちらの神社だけになりそう。
 お寺ならともかく、別の神社が隣り合わせだなんてあんまり思わなくないですか?

 由緒等わかりません。
 尼崎市神社あんないには神仏習合のことがチラリと書いてあるので、時友神社と似たような創建なのかもしれないです。
 その時友神社が天明年間(1781~1788年)に焼失した後、1962年に再建されるまでは、隣村であったこちらに合祀されていました。
 御祭神は、須佐男命です。

 やっぱり不思議なのは隣り合わせなことなんですけど、地図で見るとあれですね、恐らく社地を分割したのでしょうね。
 時友神社の旧地がどこなのかわかりませんが、再建の際、社地を新たに用意するのではなく、200年近く年番でご奉仕されてきたので時友村さんサイドにも権利があったのか、分けたんじゃないでしょうか。それだとお祭りの流れとか変えなくていいし。やっすい推測ですけど。
 友行村民でも友行村民でもない今の氏子さんたちは、どのように捉えてるのでしょう。私、気になります。
 どちらもお祭りとかするのかなぁ。それだと近隣チビッコは二度お得ですね。健速神社もめっちゃ近いけど。

友行須佐男神社 -尼崎市武庫之荘-
鳥居 (2016-12)

友行須佐男神社 -尼崎市武庫之荘-
拝殿 (2016-12)

友行須佐男神社 -尼崎市武庫之荘-  友行須佐男神社 -尼崎市武庫之荘-
狛犬 (2016-12)

友行須佐男神社 -尼崎市武庫之荘-
本殿 (2016-12)

友行須佐男神社 -尼崎市武庫之荘-
末社 (2016-12)





阪急神戸線「武庫之荘駅」から約1.9km。
市バス「野間西」「時友」から200m以内。



コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)